大阪九条「小川下」の草鍋

f0128223_1682986.jpg地下鉄中央線九条駅南側駅前のマクドナルドのあるアーケード商店街を南下、
二つめの筋を右折すぐのところにある、「小川下(こかげ)」の草鍋を紹介します。

元々自称「ちゃんこ鍋」らしいのですが(笑)、
今ではスッカリ「草鍋」の呼称で有名になってしまいましたー。
新調したお店の緑の暖簾には、
シッカリ「草鍋こかげ」と染め抜かれていますっ( ̄m ̄〃)ぷぷっ
f0128223_1685872.jpg


f0128223_16103360.jpg注文すると鍋に出汁も具も入った状態で、テーブルの上にあるガスコンロに載せられます。
(写真は二人前)
小松菜、ニラ、もやし(極細)、春雨が山盛り状態ですわ。

暫くして山が崩れて、程よく煮えてくると、
お店のおねいさんが鍋の真ん中の具を周囲に除けてガスの火をゆるめ、
「どうぞ」と言われると、出来上がり。
f0128223_1610481.jpg

鍋の真ん中の底を探ると豆腐と豚肉が出てくるというわけですわ。
醤油をれんげ2杯分の出汁で薄めて、適時辛子をからめながら食べます。
f0128223_1611237.jpg


写真そのまんまの素朴な関西風味ですが、ロウカロリーでヘルシー、
後味良く、案外お腹一杯になりますよっ。

f0128223_16112588.jpg最後の締めはやはり雑炊。
二人で一人前で十分でしょう。

お店のおねいさんが目の前で作ってくれはります。
出汁にゴハンを入れて、醤油を鍋に一周ちょっとかけて、
頃合いを見計らって卵とネギを入れる、
これまったぁ見たまんまのアッサリ味ですが、シンプル料理の極みですね。

f0128223_16115068.jpg今日は大将が雑炊用にと、
お店の前に植えてある山椒を炊いたんと塩昆布をアテに出して下さいました。
山椒、黄変させずに緑色のままで煮るのは、意外と難しいのですよ。
これを雑炊に入れると、ちょーデラウマチューンになるんですわぁ。
下の写真は裏口横で収穫期の山椒の木ですぅ。


f0128223_16121718.jpg

鍋をコンロの上に載せたあと、
毎度「ゆっくりして行って下さいやあ」の大将の一言にはホンマ、ホッコリしますぅ。

f0128223_16123350.jpg今日は、鍋が出来るまでの間の小皿料理に、
ほうれん草の白あえ、おから、たことワケギの酢の物の三皿を取って、
草鍋二人前+雑炊一人前、ビールで、締めて4700円也。
あ、冷たいお茶は、テーブルの上に置いてあるのでタダで飲み放題でっせ。
[PR]

by godsword | 2009-02-01 16:12 | 九条