法善寺横丁の正弁丹吾亭vol.1

2007/12/15

古き良き大阪ミナミの名残の残る法善寺横丁。
北半分の区画が焼失してから、見事に再興を果たしていますね。

その法善寺横丁の老舗、「正弁丹吾亭」に久しぶりに行って来ました。

行ったのは水曜の夜、
7時の入店時でほぼ満席状態だったので、事前に予約を取って行ったのは正解でした。

総じての印象は、
ひとつひとつの料理が、
素材、技(器も飾り付けも)、おもてなしの心、
どの要素も満足の出来るものでした。

下はお刺身3種盛り。
お店の実力を測る一つはお刺身の鮮度。
どれもとても弾力があり、思わず「うっまぁ~」と唸りましたわぁ。
f0128223_16145267.jpg


これは酒肴3種。
星状に切った胡瓜の乗ったもろきゅう、子持ち昆布、平目の雲丹味噌乗せ、
どれも細かい仕事がしてありました。
f0128223_1615168.jpg


渡り蟹のサラダと牡蠣の土手焼き。
土手焼きの牡蠣の火の入り具合は、生臭くなく、でも歯ごたえがある絶妙な加減ですっ。
f0128223_1615339.jpg


他にも名物の味噌おでん、黒なまこの茶粉かけ等々
こんな美味しい料理も、同じ並びの某割烹店では恐ろしく高額なのですが、
お勘定がとても良心的なのも、とても嬉しく思いました。

料理はどれも800円~2500円程度、お酒は白鶴の冷酒ボトルで800円程度なので、
決して敷居が高いという訳でもありません。

店内は白木のカウンターとテーブル席で、キャパ30人程度でしょうか、
昔同様、2階に掘り炬燵式座敷の個室がありますが、一日前ですでに予約は満席でした・・・・・。
[PR]

by godsword | 2009-02-22 16:15 | ミナミ