大正くわ焼き「クラスノ」

今年100歳の創業者の息子さんと奥様、お孫さんで営んでおられます。
皆さんとっても笑顔で気さくに声掛けして下さって、アットホームな温かいお店です。
地元のお客さん達で満員でした。
雑誌掲載はもとより、柄本明のなにわ酔いどれ横丁DVDにも収められている名店です。

f0128223_22594447.jpg
f0128223_22502967.jpg


創業者の奥様95歳がお店に出て来られて、色々お話をして下さいました。
創業は昭和24年で当時は食料配給制だったので材料が手に入れにくくて苦労したこと、
店名は創業者がシベリア抑留された地名からとったこと、
奈良県田原本町の出身のこと、
親子三代誰も飲めないこと、等々。
ご家族がみんなお元気で明るいのは、創業者ご夫婦はじめ、皆さんが沢山「徳」を積んで来られたからでしょうね。

f0128223_2252877.jpg
f0128223_2302632.jpg


付き出しの煮えんどう豆はおふくろの味にクリソツで懐かしかったです。
くわ焼きは各メニュー2本ずつ。
今回は焼き鳥とピーマン肉詰めは各220円、焼肉たれ焼き320円、
それと出汁巻き270円を食べました。
熱々の出来立てのくわ焼きはどれも美味しいですが、味噌が載ったピーマン肉詰めは初めて食べた味わいで印象的でした。
ただ…冷めたら味が全然変わってしまいますので、食べる分だけ少しずつ頼むのがベストです。

f0128223_2252493.jpg
f0128223_22542969.jpg
f0128223_22541086.jpg
f0128223_22534416.jpg


ここの名物として有名な出汁巻きは、薄めの味付けのオーソドックスなタイプ。

f0128223_22531914.jpg


下町情緒溢れる昭和の人情が通う、本当に雰囲気の良い店です。
仕事でしんどなった時とか、お店の温かさに癒されてとても元気を貰えそうです。
ここもまた来たいお店ですね。
[PR]

by godsword | 2016-12-17 22:47 | 九条・西九条・大正