鶴橋立ち飲み「まつ」

天王寺区味原町
16〜23:30
日祝定休

オーナーの松永さんは声が大きくいつも元気いっぱいの応対。

串カツ揚げ担当のおっちゃんは寡黙で対照的(笑)

JR環状線鶴橋駅中央改札を出てすぐ右に出ると、地下鉄への階段の手前にあります。

f0128223_17565935.jpg
f0128223_17571235.jpg

営業 16〜23:30lo
日祝休み

串に刺したまつ特製どて焼き250円は
厚肉で出汁が良く染みた弾力ある歯ごたえで独特のスタイル。

f0128223_17573936.jpg

串カツは豚牛系が120円 野菜は70円です。
おでんは120円均一。
肉系串カツにはからしをタップリ塗って食べるのがマイスタイル。

f0128223_17580015.jpg
f0128223_17580916.jpg

ここ、お酒類が高めの価格設定が玉に瑕。
大瓶ビールは今まで590円でしたが最近500円に値下げ。
今回はハイボールが400円でした。

この近くの串カツ屋さん「源氏」も最近大瓶ビール590円から500円に値下げされてて、見事に価格統制されていますね(笑)

こちらは千日通りからの入口。

f0128223_17583229.jpg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 17:34 | 鶴橋・玉造・上本町

京都烏丸立ち飲み「松川酒店」

中京区高倉通錦小路上ル貝屋町569-2
16〜22時
日曜定休

f0128223_17550890.jpg
京都錦市場西入口から北に少し歩いたところにある立ち飲み屋さん。
いわゆる老舗酒屋の角打ちスタイル。
京都の町屋らしくお店は奥に長く、入口付近にカウンター、奥には座敷もあります。

f0128223_17553301.jpg
f0128223_17554315.jpg
f0128223_17560125.jpg

ショーケースから勝手に好きな飲み物と乾きもんのつまみを出して楽しむスタイル。

今回はカウンター横のビールケースを二段積んだ上にアルミのお盆を置いた席で、サラミ、レモンいかフライとクラシックラガーのロング缶をチビチビやりました。


16時の開店後すぐに入ったのですが、すぐに超満員状態になるそうです。

老夫婦がやっておられて、常連さんの多い居心地のいいお店です。

京都の暑い夏に瓶ビールをグビグビ飲みたくなったら、すぐ思い浮かびそうなお店ですね。

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 17:31 | その他

鶴橋立ち飲み「八百保(やおやす)」

2012/03/03

東成区東小橋3-19-10
06-6976-7793
17~22時

JR鶴橋駅改札を出て正面の千日筋を右折(東進)して2分程度歩くと右手にあります。

八百屋の保(やす)さんがやっておられるので「八百保(やおやす)」です( ̄m ̄〃)ぷ

e0083155_14325842.jpg
e0083155_1433891.jpg
e0083155_14345758.jpg

ここは隣接する鶴橋卸売市場の新鮮な魚貝類を、
お客さんの好みによって色々調理してくれる割烹屋サンのようなお店です。
ショーケースの中にはウニ、牡蠣、たら白子等の新鮮なネタが一杯。
大将は人懐っこい気質の方なので、常連さんが多いのが特徴。
それでも、たまにしか行かない僕達も、いつも笑顔で迎えてくれます(*´ο`*)=3

ビールとお酒は500円、チューハイ、ハイボールは350円と少し高めです。
今回はフグ皮ポン酢350円をオーダーしましたが、
鮮度の良さの裏返しのような食感でしたッε=Σ( ̄ )

e0083155_1434322.jpg
e0083155_14342171.jpg

e0083155_14353971.jpg

2017/11/26

久しぶりに訪れた八百保。
元々八百屋さんを営んでおられたオーナーだけあって、野菜果物の目利きはさすがです。
他にも鯛の子や蟹酢といった一品料理もかなりのハイレベル。

相変わらずオーナーのお客様大事の姿勢には頭が下がります。
閉店間際に入ったにもかかわらず笑顔で応対していただき、美味しい料理を御馳走になりました。
苦労した大人には、料理、おもてなしすべてが癒しになるありがたいお店です。
c0388708_11072588.jpeg

c0388708_11074563.jpeg

肉厚のシイタケはバターで炒めただけですが、シイタケ自体の濃厚な味がしてとても美味しいです。
c0388708_11080389.jpeg

c0388708_11081800.jpeg

柿は甘さをやや抑え気味で、大人が感動する上品な味です。
c0388708_11083388.jpeg

今度は早めの時間に入店して、腰を落ち着けてじっくり料理を楽しみたいですな。


[PR]

# by godsword | 2017-12-05 12:40 | 鶴橋・玉造・上本町

鶴橋韓国食堂「順天(スンチョン)」&あわび専門店「あわび村」

2017/11/26

生タコの踊り喰いとアワビの刺身が食べたくなって鶴橋コリアンタウンの二店を訪れました。

いずれのお店も韓国人スタッフのハングル語が飛び交うローカル店です。
近鉄鶴橋駅西出口改札を出て右に歩くとすぐにコリアンタウンに入ります。
歩いて1分であわび村、そのちょっと先が順天です。

一軒目は韓国食堂「順天(スンチョン)」

カウンターだけのこじんまりしたお店ですが、カウンター上には韓国料理の大皿が色々置いています。
チャプチェ、チヂミ、豚バラ揚げ物等から豚足まで、勿論海苔巻きもあります。

f0128223_15120942.jpeg
e0083155_08491940.jpg
e0083155_08480282.jpg
e0083155_16010949.jpg
e0083155_15574032.jpg


生タコの踊り喰いは2000円。
2〜3人で食べると丁度いい量です。
食べ易い一口サイズに小さく切り分けて、ウニョウニョ動いたままの姿で出て来ます。
胡麻油と塩こしょうをかけただけのシンプルな調理ながら、オリジナルの甘さと辛さがうまく調合されたコチジャンを漬けて食べると旨さが一層引き立ちます。
辛さは控え目なので子供さんでも美味しくいただけますよ。

生マッコリはボトル1500円。
スッキリしてるものの芳醇さもしっかりあってなかなか美味しいです。
アルミのコップも韓国感をそそりますね。
驚いたのは朝鮮人参一本とおろし金 が一緒に出て来たこと。

オモニ曰く、人参すり身をマッコリと一緒に飲むと酔いが回りにくいとのこと。
ほのかな苦味が広がりマッコリの風味が増すので、
これ、いけますね〜👌🏻
e0083155_08483618.jpg

韓国料理店の常で小皿が無料で沢山付いて来ます。
とりわけキムチが一般的なキムチとりわけ違い、
発酵度が低く、シャキシャキしてて酸味が少なく、辛さも少し抑え気味で初めての味。
個人的には猛プッシュ!
e0083155_08490134.jpg


2017/11/26

二軒目の順天(スンチョン)は支店の焼肉順天。
韓国ネイティブの警衛しておられるだけあって、本格派。

生野区鶴橋2-10-7
06-6715-8688
c0388708_11050470.jpeg

韓国料理店ならではの定番の沢山の小鉢でお迎えいただきました。
c0388708_11052133.jpeg

生ワタリガニは見たほどに辛くなく、蟹の甘みを満喫できます。
c0388708_11053577.jpeg

ここの韓国海苔巻きキンポはあっさり系で愚のチョイスもあってか日本人が食べ易い味付けになっています。
とても美味しいです。
c0388708_11055432.jpeg

生センマイは新鮮で歯ごたえも良く美味しいのですが、まだまだ日本人には好みの分かれるところです。
余ったので持ち帰りにしました。
c0388708_11060971.jpeg

サムギョプサルは厚肉で、二人前注文したのですがこれだけの分量がありました。
c0388708_11062306.jpeg

チシャ菜にいろんな薬味を加えて豚肉を蒔いて食べます。
c0388708_11064096.jpeg

c0388708_11065693.jpeg


2017/10/22

二軒目はあわび専門店、「あわび村」。
店内水槽の活けアワビの刺身に好きなドリンクが付いて1000円なのがありがたい。
アワビはやや小ぶりですが、とにかく鮮度がいいので肝が絶品。臭みが全くありません。
刺身もコリコリした食感と共にアワビの味がしっかりしています。
e0083155_08495033.jpg
e0083155_08502184.jpg
e0083155_08504500.jpg

おっさんのスーパーデラックスゴールデンハシゴ酒。
あぁ、幸せや。


2017/11/26

GREEのオフ会で今回は5名で訪れました。
今回は二階のテーブル席。
店員さんが丁寧に一つ一つのメニューを説明してくれました。
c0388708_08225890.jpeg

あわびのお刺身を二人前頼んだのですが、いつも頼むあわびのお刺身+1ドリンクの1000円セットのお刺身分量の4倍はあるでしょうか。
オーダーの度に水槽から出してしめてもらうのでとても新鮮です。
キモには臭みが一切なく、お刺身のコリコリ感もバツグンです。
c0388708_08231920.jpeg

あわびのバター炒めはソツのない味なのですが、同価格のお刺身に比べてあまりアワビを食べているという実感がしません。
c0388708_08233914.jpeg

今回初めていただいたアワビ粥は、あっさりしたお粥ながら、アワビの肝の濃厚感もあってとても美味しいです。
アワビ粥とお刺身と1ドリンクのセットが2980円であるそうです。
c0388708_08235723.jpeg

c0388708_08241436.jpeg

そして今回一番感動したのが卵チヂミ。
福ちゃんのチヂミが一番美味しいと吹聴して来ましたが、ここのチヂミはそれを凌駕する美味しさで鶴橋ナンバーワンですね。
サクサク感と卵が加わってとてもまろやかな風味になり、とても食べやすいです。
胃もたれ感がなく何枚でも食べれそうです。
c0388708_08243418.jpeg




[PR]

# by godsword | 2017-12-05 12:35 | 鶴橋・玉造・上本町

京都西院立ち飲み「樫尾酒店」

阪急西院駅近くにある折鶴会館という名の飲み屋の集まる一角。
ハーフのハンサムな店主が営むお店は適度な距離感を配慮してくれて、新参者も温かく迎えてくれます。
粋なメニューがどれも美味しくて客層も良く、初めて訪れたけど、お気に入り店になりました。

京都市右京区西院高山寺町15 折鶴会館
080-7038-9825
16~25時
不定休 完全禁煙


f0128223_15131168.jpeg
c0388708_10411775.jpeg
c0388708_10335608.jpeg

自家製豚肉テリーヌ600円
とても上品で繊細な味付けです。
とても軟らかくほぐし易いので、少しずつつまんでお酒をちびちびやるのみうってつけ。
ゆっくり味わうととても美味しいです。
c0388708_10342438.jpeg

焼き豚450円
個人的にはこんな脂身の多いチャーシューが好きです。
薄めの味付けで弾力もあって、豚肉本来のおいしさを味わえます。
c0388708_10413573.jpeg

レバーペースト380円
レバー特有の臭みが一切なく、それでいてレバーの深い旨味を堪能できます。
今まで食べたレバーペーストの中で一番おいしかったです。オススメ。
c0388708_10350369.jpeg

悪魔のお酒西院ハイボール800円 
下のアルコールメニューの写真のように、左下の隅っこに小さい文字で書かれています。
要はそれほどデンジャラスな強いお酒ということ。
ブッ潰れるお客さん多数で敢えて強く勧めていないとのこと。はぁ、こあいこあい...。
度数75はテキーラの比ではないです。
この色は赤玉ポートワインの色ですが他に何がブレンドされているのか不明。
口当たりはいいですが、一口飲んだだけでキツいお酒だと実感します。
チャイサーを横に置きながらちびちびやるのがいいでしょう。
c0388708_10352118.jpeg
c0388708_10353450.jpeg

下の写真は折鶴会館界隈。風情がありますね。
c0388708_10415552.jpeg
c0388708_10364623.jpeg
c0388708_10370320.jpeg
c0388708_10362172.jpeg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 12:30 | その他

京都西院お好み焼きたこ焼き「壺味(つぼみ)」

京都市中京区錦大宮町152
075-821-6328
17~23時
水曜定休
f0128223_15134736.jpeg

友達に勧められたのが、オーダーしてから運ばれてくるまでに40分かかるという、ここんちの名物「スジ肉入りネギ焼き」。
出来上がりを待つ時間も、満員の店内でも皆さんとても楽しみに出来上がりを待っておられます。
なんともユルくほっこりした風景です。
でも、オープンキッチンで大将が丁寧に焼き上げる過程を見ているとどんどん期待は高まるばかり。
結論は、40分待った甲斐がありました!
つなぎが少ないのでネギ本来の旨味が凝縮されています。
それでいてもちもちしています。
最初に「辛味ソースを付けますか?」と聞かれて「お願いします」と答えたのですが、
個人的にはこのソースをつけない方がナチュラルな風味を楽しめたのではないかと思います。

L字型カウンター席の後ろに立ち飲み席があります。
立ち飲み席からキッチンを眺めてワイワイ盛り上がりつつ出来上がりを待つのが楽しかったです。

c0388708_10442077.jpeg
c0388708_10444056.jpeg
てんこ盛りのネギですが40分かけてじっくり焼き上げます。
c0388708_10445842.jpeg
笑顔が絶えない大将、娘さん、お母さんの家族スタッフチームは応対にとても癒されます。
c0388708_10451848.jpeg
薄玉子焼きの上にネギ焼きを載せる
お皿にソースを塗ってネギ焼きを載せ換える
コテを何度も動かしながらネギ焼きを少しずつ切り分ける
切り分けたネギ焼きに丁寧にソースを塗る
鰹節と青海苔を振りかける
一連の作業がとても丁寧で魂が入った作り方をされるので感動します。
c0388708_10453201.jpeg

ここもまた来たいお店です。楽しかったです~。

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 12:29 | その他

京都西院立ち飲み「エラマサ」

京都市右京区西院北矢掛町46-2
075-322-2230
18~24時 日曜定休

店前に黒のヴィンテージヴェスパが置かれているのが目印。
L字カウンターの明るくて広々した店内は落ち着いた雰囲気で居心地がいいです。

穏やかな店主と若い女性スタッフの応対も穏やかで女性客が多いのも納得です。

f0128223_15142250.jpeg

らっきょうが入ったツナラッキョ300はオススメ。
今まで食べたことのないサクサクの食感で、ツナとらっきょがベストマッチングなので意外です。
c0388708_11030744.jpeg
ツムブリ500円。
初めて食べる珍しい魚のお刺身。

c0388708_11031960.jpeg

おでんだしの卵焼き350円
だし巻きのようなみずみずしさながら、出汁の味がしっかりしてありそうでなかった美味しさです。
c0388708_11033241.jpeg
黒ムツの南蛮漬け380円
ムツ本来の脂ののった身を南蛮漬けにすることによって柔らかい味に仕上がっています。

c0388708_11024717.jpeg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 12:28 | その他

法善寺横丁 民芸酒房「牧水」

中央区難波一丁目6-6
06-6211-3443

入店するとスタッフ皆さんが「おかえりなさいませ」と声を掛けて迎え入れてくれはります。

f0128223_15150103.jpeg

付き出しは大根細切りの梅肉和え。
梅の酸味が抑えられた薄味です。

c0388708_10291134.jpeg
c0388708_10292887.jpeg

好物の鴨肉の串焼き。
鴨肉自体が柔らかく且つ弾力もあって素材の素晴らしさ、鮮度を感じます。
c0388708_10294713.jpeg


お肉の鉄板焼きは醤油ベースの味付けが懐かしい味覚ながら、なかなか他では味わえないおいしさ。
お肉自体は柔らかく肉自体の味もしっかりして、こちらもお肉の素材の良さを堪能出来ます。

c0388708_10301098.jpeg

五色サラダ。
c0388708_10302741.jpeg

牧水風焼き鳥は焼き鳥肉にあんかけがかかった珍しいスタイル。
肉も鴨肉同様柔らかく弾力があり、鶏自体の旨味もしっかり。
c0388708_10304886.jpeg

鯵の揚げ物はフワフワのお肉と骨の唐揚げの食感を楽しめます。
c0388708_10310658.jpeg

万願寺とうがらしの焼き物は甘みが強く、これも鮮度と素材の良さを実感します。
c0388708_10311941.jpeg

10月は僕の誕生月ということで、海老のあられ揚げと赤飯餅をサービスメニューとして特別に出していただきました。
しかも牧水特製佃煮のお土産付き!
c0388708_10313551.jpeg
c0388708_10315184.jpeg

茄子餃子。
c0388708_10321634.jpeg

レンコンの蒲焼き。
サクサク感と蒲焼きタレがいいハーモニーです。
c0388708_10322989.jpeg

松前鯖寿司は厚肉な鮮度のいい鯖と、柔らか目の酢飯の組合せで絶品です。オススメです!
c0388708_10324661.jpeg

ぬか漬け盛合せ
c0388708_10330785.jpeg

濁り酒
c0388708_10332748.jpeg

値段が書かれていないお品書き💦
こあいこあい。

c0388708_10342737.jpeg
c0388708_10344510.jpeg
c0388708_10350181.jpeg
c0388708_10351364.jpeg


お会計は三人でそこそこ飲んで一人6000円でした。
ハイレベルな料理の数々を楽しめてこの料金は案外割安かも知れませんね。

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:17 | ミナミ

上本町 シェラトン都ホテル大阪「四川」Ⅱ

おもてなししたいときに真っ先に頭に浮かぶのはここ四川。
四川中華というよりむしろ懐石の感覚。
お箸で食べて、味付けはかなり薄味です。

f0128223_15154074.jpeg

今回のスープにはフカヒレや蟹身は入っていませんでした↘️

c0388708_10204004.jpeg

イカ墨で海老と林檎を炒めた珍しいメニュー。

c0388708_10205315.jpeg

お肉料理はさん連チャン。
カシューナッツと鳥の炒め物の味付けは絶品。
控えめながらもしっかり味がします。

c0388708_10210631.jpeg

牛肉のオイスター炒めは、オイスター味が控えめで厚肉で柔らかく、肉の本来の旨味がしっかりしています。
食べ応えがありましたね。

c0388708_10214291.jpeg

豚バラはいい塩梅の炊き具合で、トロトロながら柔らか過ぎず、また脂も少な目。
珍しくソースが濃いめの味付けで食べ易いです。

c0388708_10212211.jpeg
c0388708_10245219.jpeg

この後ご飯と麻婆豆腐が出ましたが写真撮り忘れました💦
c0388708_10230976.jpeg

これだけの料理が「一休com」経由で予約してで3000円です。
平日ランチの特権ですね。

c0388708_17064412.jpeg

シェラトン都ホテル大阪ろびのハロウィンの飾り付けが素敵でした🌟

c0388708_17070536.jpeg
c0388708_17071907.jpeg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:15 | 鶴橋・玉造・上本町

新阪急ホテル バイキング「オリンピア」

関テレの番組「ちゃちゃ入れマンデー」で特集を組んでた新阪急ホテルオリンピアのバイキング。

f0128223_15161737.jpeg
c0388708_19062995.jpeg

ライバルも認める大阪ナンバーワンの老舗バイキングで、コックさんも常時20人以上で対応するライブ調理のフルラインナップメニュー🎵
あまりにそそられる内容だったんで、すぐに一休comでネット予約しましたー(=´∀`)
平日13時半スタートの100分食べ放題で3050円でした。

飲む方はアルコール以外は無料。
生ビールは750円、アルコール飲み放題は別途1500円。

最旬メニューは美味しいですよ〜。

アワビときのこのXO醬炒めは美味しいのですが、
いかんせんアワビが小さい(笑)
アワビではなくトコブシでしょうが、3皿くらい食べないとアワビを食べた感が出て来ないです〜。
c0388708_19065424.jpeg

松茸ご飯、松茸と牛肉のすき焼き風鍬焼き。
お肉の質の高さと少しだけ控えめな味付けでとても美味しかったです。おススメです。
c0388708_19071153.jpeg

鮭を蕎麦で巻いた天ぷら餡掛け。
c0388708_19072414.jpeg

鮭入り中華おこげは、おこげのパリパリ感が絶妙。
餡は薄味で上品な味付けでイチオシ。
c0388708_19073664.jpeg

甘辛鷄のとろーりチーズタッカルビは鶏が苦手な僕でもとても美味しかったです。
c0388708_19364403.jpeg

定番メニューもなかなかのレベル。

ステーキはレア気味ですが、柔らかく肉汁が濃い味。
ソースは三種選べますが、塩を少しだけの方がお肉の旨味を味わえますよ。
c0388708_19083054.jpeg

にぎりは小ぶりながら、目の前で握っていただけます。
魚がどれも新鮮で肉厚。
プリプリの食感は回転寿司では絶対に味わえないネタです。
c0388708_19084587.jpeg

温野菜はチーズソースと相性バッチリ。
箸休めに丁度いいです。
c0388708_19085955.jpeg
c0388708_19093921.jpeg
c0388708_19091953.jpeg

最後の中華プレートが大ブレーキ。
もっと控えめにしておけば良かった…。
あさましいですねえ…。
c0388708_19095706.jpeg

とりわけデザートが充実してて美味しいのが女性ウケしますね。

栗モンブラン、紫芋、チョコ、レアチーズ、和風ロール、抹茶ババロア、マカロン等々、
どれも本格的な美味しさなので、オッサンのくせしてついついたくさん食べてしまいました💦
c0388708_19102208.jpeg

40分くらいで既にお腹いっぱい(=´∀`) アハ
でもね…ソフトクリームやデザートは別腹なのが、あーら不思議!(笑)
後半戦は和食とデザートをボチボチいただきながら、10分前には退出しましたとさ。

天ぷらは海老、レンコン、えんどう豆、かぼちゃ、ししとう、どれも揚げたてで衣サクサク。
さすがはホテルの料理ですね。
桜塩、岩塩、抹茶塩から選べます。

c0388708_19113706.jpeg

胡麻豆腐が絶品でした。
おひたしはホッとしますね。
c0388708_19111864.jpeg

控えめな栗のジェラート。
他にもイチゴや柿も美味しかったです。
c0388708_19104562.jpeg

抹茶ソフトは自分で作るのですが、不細工な形になってしまいました💦
まろやかさ、粘り、抹茶の味、どれもハイレベル。
二本も食べてしまいました(๑>◡<๑)

c0388708_19105854.jpeg

総じてどの料理も美味しい出来映えです。
とりわけハイレベルな料理もいくつかあるので、常連さんならそれを集中的にいただく作戦もアリだと思います。

こんな楽しくて美味しいバイキングが3050円ならそれなりの価値があると思います。

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:13 | 十三・梅田

蒲生四丁目 立ち飲み「魚庭(なにわ)」

昭和12年創業の老舗の立ち飲み屋さん。
昼飲み出来て、魚が主体で値段がかなりリーズナブル。
しかも中ジョッキ299円のおっさんに嬉しいお店ですゾ🎵
京橋からタクシーでワンメーターの距離なので四人相乗りならタクシーが便利です。

城東区今福西1-8-14
6939-3491
11〜21時 日曜定休

お店の上の赤いテントには大きな文字で「ではら」と書かれているので注意!(笑)
f0128223_15165782.jpeg
c0388708_21103929.jpeg
c0388708_13355571.jpeg

お刺身三種盛り499円はサーモンの色が毎回少し黒ずんでて、鮮度はイマイチ?
値段を抑える努力の過程では致し方ないのでしょう。
でも始まりはやっぱりお刺身スタートやねー。
c0388708_21063950.jpeg
c0388708_21134678.jpeg

生マグロ鉄火巻き499円は太巻きでマグロたっぷり。
お刺身と併せてマイ定番オーダーになってます。
c0388708_21082822.jpeg


香住産紅ズワイカニ酢399円はカニがたっぷり。
生姜と一緒に食べると風味が効いて美味しいです。
c0388708_21084698.jpeg

ゲソ塩炒め350円
c0388708_21073090.jpeg

ホタルイカ沖漬け290円
c0388708_21074890.jpeg

QBBベビーチーズ盛り290円
c0388708_21080629.jpeg

野菜天ぷらはどれも100円均一。
c0388708_21091996.jpeg

子持ちこんにゃく刺身290円
c0388708_21094205.jpeg

メニューは種類が豊富で飽きることがありません。
しかも199円や299円の均一料金設定のメニューが多いのも有難い。
但しネタの鮮度や美味しさも値段相応ですが、それでも呑兵衛には充分ハッピーなお店でしょう。
夜は超満員なのも頷けます。
昼間は比較的空いてて、穴場です。

c0388708_21112183.jpeg
c0388708_21113827.jpeg
c0388708_21125040.jpeg
c0388708_21130759.jpeg
c0388708_21132449.jpeg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:12 | 京橋

戎橋筋 pancake cafe 「mog」

中央区難波3-7-9
6636-5995
11〜22時 無休

今回は焼きマシュマロ乗せタイプを食べてみたいなぁということで、
焼きマシュマロとチョコパンケーキ(ベリーソースとパニラアイス添え)をオーダー。

f0128223_15173668.jpeg

焼きマシュマロ乗せのパンケーキは初めてでしたが、
ここんちのは甘さ控え目、焼いてクリーム状にトロトロになったマシュマロはなかなかいけますなー💓
1100円でした。
ほうじ茶ラテ430円は想像以上にほうじ茶の味がしっかりしてて、これも甘さ控え目の大人味です。

c0388708_06073218.jpeg
c0388708_06074858.jpeg

ハゲの怪しいおっちゃんがパンケーキ。
それが…、
何か?

おっちゃん、
もうハズいことも全く気にしーひんよ^_^
ソレ、ワカチコ、ワカチコー🎵🎵

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:10 | ミナミ

京都千本中立売「神馬(しんめ)」

京都最古の居酒屋神馬に行って来ました。

友達が予約してくれたのですが、二週間前で既に土日満席、辛うじて火曜に予約が取れました。

お料理をいただいて納得しました。
居酒屋の域を遥かに超えて、一流どころの懐石レベル。
一品の値段が高いのも頷けます。

f0128223_15181752.jpeg
c0388708_20052276.jpeg
c0388708_20054122.jpeg

店内は京都の町家らしく奥に長いです。
入ったところはコの字型カウンター。
奥は細長いテーブル席。
c0388708_20055832.jpeg
c0388708_20092779.jpeg

お店の料理のレベルを見定めるのはお刺身。
脂の乗ったトロをはじめ、どのネタも鮮度が良く絶品でした。
これから食す料理への期待が高まります。
c0388708_20074579.jpeg

イチボのローストビーフはとても柔らかくて、肉の旨味たっぷり。特製出汁と良く合います。
c0388708_20075762.jpeg
c0388708_20081213.jpeg

鮎はこぶりですがお腹にぎっしりの子持ち。
柔らかく且つ香ばしい、絶妙な塩梅の焼き加減。
頭の苦味も程良いです。
c0388708_20082601.jpeg
c0388708_20083828.jpeg

目板カレイの塩焼きは、敢えて皮を剥いた丁寧な仕事がされていました。
うす塩味で柔らかく焼かれています。
c0388708_20085198.jpeg

ブリ大根はブリの生臭さが一切なく、別に炊いているのか大根にも一切ブリの味が染みていません。
やや薄めの出汁が京風ですね。
c0388708_20090611.jpeg

フグ身の唐揚げ。
唯一の難点、骨が多かった…。
c0388708_20094850.jpeg

鯖寿司。
c0388708_20100169.jpeg
c0388708_20101126.jpeg

合鴨ロースは鮮度がいいのでしょう、瑞々しい柔らかさと鴨肉本来の旨味があります。
c0388708_20102546.jpeg

ハモの天ぷら
c0388708_20103813.jpeg

ビール二本からスタート、熱燗やハイボールをそこそこ飲んで会計は3人で16000円ちょっとでした。

メニューはどれも高めですが、対価として充分納得出来ますね。
c0388708_20131519.jpeg
c0388708_20132637.jpeg

[PR]

# by godsword | 2017-12-05 10:08 | その他

裏なんばビストロフレンチ「カーブロゼッタ」

一帯が裏なんばと呼ばれる以前の8年前から、ここ激戦区で凛とお店を構えておられるフレンチ店。

大阪市中央区難波千日前15-2
06-6631-8114
不定休 18-23:30 日祝のみ17-22

開店初日に訪れた御縁もあって、久々に訪れました。

f0128223_15190792.jpeg

今回は二回のテーブル席を利用。
c0388708_18133168.jpg
c0388708_18140426.jpg

カボチャのスープ。
c0388708_18141490.jpg

名物のイカ墨オムレツ。
c0388708_18144525.jpg
以下の料理はスタッフが詳しく説明してくれたにもかかわらず、おしゃべりに夢中になってメモを取り忘れてしまいました。
c0388708_18142818.jpg

c0388708_18151533.jpg
c0388708_18152884.jpg
c0388708_18154816.jpg
c0388708_18160142.jpg
c0388708_18161364.jpg
c0388708_18162592.jpg
c0388708_18164368.jpg
c0388708_18170147.jpg

女性スタッフに勧められるままにオーダーしましたが完全にお腹がオーバフロウ。
五人で飲んで食べて22000円、とちょっと高めになりました。
サラダ一つとムール貝を減らしても充分満腹だったと思います(⌒-⌒; )

料理はどれもとても凝った内容ですが、コッテリ感がなく後味が良いものばかり。
今回は女性メンバーが多かったのですが、みんなどれも美味しいと絶賛してくれていました。
二階席の落ち着いた雰囲気と料理のみならず、ワインも充実しているので大人の女性には喜ばれると思います。

ラストのチョココーティングバナナはオーナーから差し入れしていただきました。
最後にはご挨拶に来られて恐縮しましたとさ。

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 12:11 | ミナミ

生駒宝山寺参道自然菜食食カフェ「ナイヤビンギ」

2017-10-22

久々に訪れたナイヤビンキ。
詳細は下記2012-04-30付けの記事を御覧下さい。

奈良県生駒市門前町12-9
0743-73-0805
12~21時 定休日 火曜

今回は元同僚とランチを楽しみました。
ソイミートの宝山寺味噌竜田揚げと野菜の竜田揚げをメインに小鉢料理が10品。1950円のコースです。
ご飯と汁物、デザートも付いています。前日までに予約が必要です。
昔旅館だった一室で他人の目を気にすることなく、
のんびり食事と会話を楽しみながら、二時間も長居してしまいました。アハッ

メニューは生駒山暗峠の棚田で育った無農薬野菜を使っています。
動物性食材の肉、さかな、牛乳や卵は一切使用しない菜食メニュー。


c0388708_17205719.jpeg
c0388708_17211500.jpeg
c0388708_17213560.jpeg
c0388708_17215432.jpeg
c0388708_17274640.jpeg
c0388708_17262828.jpeg
c0388708_17254430.jpeg
c0388708_17260036.jpeg
c0388708_17261386.jpeg
c0388708_17283304.jpeg
c0388708_17285163.jpeg
c0388708_17182079.jpeg
c0388708_17183196.jpeg
c0388708_17172333.jpeg
c0388708_17173466.jpeg
c0388708_17174863.jpeg

ランチと言えど、ボリュームたっぷりでお腹一杯、友達は食べきれませんでした。
味はお世辞にも絶品とは言えませんが、どれも素朴で食べやすくオーガニックな素材を堪能出来ます。
カップルならチューし放題の放置状態です(笑)
果実ジュースをオーダーして、長くおしゃべりしている主婦グループのお客が目立ちました。


2012-04-30

ここは近鉄生駒駅からケーブルカーに乗り換え、終点宝山寺駅下車。
下車して駅前の道をまっすぐ進み、参道にぶつかりと、参道沿いに少し下った場所にあります。

参道界隈の観光旅館を買い取ってカフェにしています。
旅館の各部屋に通されてその部屋がお客様の貸切部屋となるのですよん。

通された部屋にはこたつと座椅子が。
窓からは生駒市外の眺望が素晴らしい眺めです。
夜に来るともっと綺麗なのでしょうね。

エビスビール700円と生姜の豆乳甘酒650円をオーダーして、
ホッコリとプチバカンスを楽しんでおりました。

僕は家からここまで歩いて来ました~。
下の写真の遠くに見える山の中腹にナイヤビンギがありますねんやんかぁ。(*´Д`)ハァハァ

e0083155_10362962.jpg


家からの経路の宝山寺への石畳の旧参道。

e0083155_10582390.jpg


こちらは宝山寺駅下車の参道です。

e0083155_10422843.jpg

e0083155_10424147.jpg
e0083155_10425872.jpg

以下はナイヤビンキ。
お店構えはこんな感じ。

e0083155_1047281.jpg
e0083155_10474073.jpg
e0083155_10475022.jpg

部屋の中はこんな感じで、部屋には戸はありません。
でも、スタッフが入って来ることもなく、何をしようが自由ですよん(*´丱`*)

e0083155_10481854.jpg
e0083155_104826100.jpg

窓からの景色です。↓↓↓

e0083155_1048537.jpg


エビスビールと甘酒。↓↓↓

e0083155_1049132.jpg
e0083155_10492132.jpg

メニューはランチもディナーもありますし、
エスニック系の飲み物も多数用意されています。
しかも、それを飲んでも唸る旨さ!
これがこのお店のスゴイところです。

元観光旅館の内部は坪庭があったりのこんな感じです。↓↓↓
お店オリジナルのウェアも販売されていますが、値段は高めです。
e0083155_10505883.jpg
e0083155_1051644.jpg
e0083155_10511511.jpg
e0083155_10512321.jpg
e0083155_105131100.jpg
e0083155_10514011.jpg
e0083155_10514852.jpg
e0083155_10515870.jpg

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 12:09 | その他

日本橋おはぎ「玉製家(ぎょくせいや)」

日本橋駅近くの千日通りに面したおはぎ屋さん玉製家。

大阪市中央区千日前1-4-4
14時~売り切れまで
定休日:木日祝
お彼岸お盆期間は営業

普段は40人位の長蛇の列だそうです。
日曜はお休みですが、訪れた日はお彼岸の最中ということで特別に開いてました。
並んでるお客さんも少なくてラッキー👌🏻


f0128223_15202081.jpeg
c0388708_18473274.jpg

あんこのおはぎ3個ときなこのおはぎ3個のセットで900円ちょっと。
きなこはおはぎが隠れる程、上からたっぷり乗っています。
きなこおはぎの方は当日中に食べないといけないと、お店の方に念を押されます。
翌日にはお餅の水分が表面のきなこに滲み出てしまい、きなこ自体の風味が変わってしまいます。

あんこは甘過ぎず。
でも最近流行りのあっさりし過ぎてもおらず、甘さが適度にあって個人的には嬉しい味付け。
きなこは今まで食べた中で、一番きなこ本来の風味が深いです🌟🌟🌟
行列が出来るのが解りますわ。
難波飲みの時は毎回おみやげに買って帰ろうと思います👌🏻

c0388708_18475696.jpg
c0388708_18481652.jpg

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 10:52 | ミナミ

日本橋鉄板焼き「鉄板野郎」

斬新な鉄板焼きを提供する鉄板野郎。

f0128223_15211453.jpeg
c0388708_18413144.jpg
c0388708_18414778.jpg

最もインパクトがあるのは明太出汁巻卵いくらこぼれ1200円。
真ん中に明太子がサンドされて、小粒のイクラがびっくりするぐらい満載!
パイネ550円はとろーりチーズをサンドしたお好み風。
これらと豚平焼き640円がこのお店の鉄壁トリオで「おっさんメニュー」と呼びます。

c0388708_18423511.jpg
c0388708_18424971.jpg
c0388708_18430691.jpg
c0388708_18184683.jpg
c0388708_18183084.jpg
c0388708_18445249.jpg
c0388708_18451062.jpg

個人的に気に入ってるのはサワーのネーミング。
巨乳サワー(巨峰入り500円)
これにIWハーパーを加えたHカップサワー600円
美乳サワー(マッコリ入り600円)
乳に拘ったはるのん、スキ💓(//∇//)

c0388708_18434744.jpg
c0388708_18440439.jpg

他に金チュウ(リアルゴールド割り500円) とかもあるよ〜(*´∀`*)

c0388708_18442358.jpg

帰り際、
二階にあるお店を出て僕達が一階に降りるまで店員さんが見送ってくださいました。
お客さんに対するスタンスがとても嬉しかったです。

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 10:48 | ミナミ

日本橋お好み焼き「㐂代(きよ)」

吉本の芸人も贔屓の老舗お好み焼き店㐂代。
他のお店では食べられないような一工夫メニューがウリ。

f0128223_15215815.jpeg
c0388708_14502110.jpg

今回食べたのはカレー焼きそば1100円と餅納豆ねぎ焼1き1300円。
カレー粉が加わるだけで焼きそばにスパイシーさが効いて風味が変わりますね。
カレー粉やソースにも秘伝のこだわりがあるのでしょうね、カレー味に安っぽさがなくマイルドな仕上がりです。
ビールと好相性。

c0388708_14482938.jpg

餅納豆ねぎ焼きは表面の醤油の香ばしさが最初に飛び込んで来ます。
インパクトがあって粉もん好きの関西人が喜びそうな味付け。
ネギや納豆の量や味覚はむしろ弱め。
お餅がたっぷり入った食感がメインです。

c0388708_14485284.jpg
c0388708_14491223.jpg

複数人で分けながらビールやハイボールのアテとして楽しむのがオヤジ流でしょう。

大将は人懐っこくて愛想がいいので初めてのお客さんでもゆっくり楽しめますよ。
店名を使った「㐂代焼き」1300円が気になります。
次回食べてみたいですな。

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 10:46 | ミナミ

天理本通り商店街「SUP」

大阪から随分離れていますが、
今日は前回天理ライド&ウォークの時に気になってた天理教本部すぐ近くの居酒屋 SUPを紹介します。

昼間はカフェメニュー主体で天理高校や大学の生徒、若い信徒さん達が顧客の主流になっています。

f0128223_15224485.jpeg

店内はカウンター、奥には椅子に座って飲めるテーブル席があります。

e0083155_18502433.jpg

e0083155_18504322.jpg

地元の清酒「稲天」製奈良漬けクリームチーズ250円。
これは久々にハマりそうな珍味メニューです。
奈良漬けの味は主張せず、あくまでクリームチーズに主眼を置きながらも食感やほのかな甘みを楽しむ上品な仕上がりになっています。
稲天酒店は天理本通り商店街にあるので今度おみやげに買って帰ろうと思います。

e0083155_18505724.jpg


カリカリパスタは130円と格安メニュー。
パスタを揚げただけのシンプルなメニューですが、塩のみや醤油やマヨネーズと高相性です。
自分で食べやすい長さに割って食べます。
生ビールはモルツで一杯380円

e0083155_18512377.jpg

うずら卵フライは一本110円ですが大粒で、串カツ屋のうずらより断然食べ応えがあります。

e0083155_18513576.jpg

アルコールは少し高めの設定ですが肴メニューは安いものが多く、トータルで安く飲めてリピーターになりそう。

e0083155_18514738.jpg

気になったのは、
女性店員さんが少し社交性に乏しいように感じたこと。
このロケーションは、地元住民の他に学生や信徒さん等潜在的な顧客数もある程度見込めると思うので、
価格設定もリーズナブルですし、スタッフとお客様とのコミュニケーションが弾めばもっと口コミで繁盛するのではないでしょうかね。

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 10:44 | その他

西成酔いどれツアー「あたりや東源」「おかん」「うまい堂」

うつが重くてしんどい毎日が続いてた頃、気持ちをユルくしてもらいに西成の街に良く来たものでした。

先月17日は久々に懐かしい空気を吸いに西成を徘徊。
かつて入れなかったお店を訪ねました。

一軒目は、新今宮駅前のあいりんセンターの南側裏手にある、居酒屋「あたりや東源」。
今回は日曜で昼時を過ぎてたこともあり、お客さんが一人だったのでチャンス到来で入店。
50歳の女将さんがやってる今年29年目の老舗。
営業時間は朝7〜14時でキャッシュオンデリバリーシステム。

f0128223_15232941.jpeg

e0083155_16565870.jpg

瓶ビール500円、スープタイプのゴーヤチャンプル300円、チーズ200円と、あいりんど真ん中にしては値段はちょっと高めの設定。
豆腐多めでザク切りのゴーヤの苦味と塩味スープのゴーヤチャンプルは、チーズをチビチビ口に含みながら食べると味が激変します。
美味し〜い!
どのメニューも一皿の量が多めにしてるとのことで、場所柄ガテン系のお客さんに優しいですね。
他にも鮭ハラス、肉タタキ、しめ鯖等、親しみのあるメニューが多数用意されていました。
女将さん曰く、
ここで楽しく飲むキモは「仕事とお金の話はしないこと」だそうです。
お客さんに頑固なシニア世代が多く、この二つでよく揉めるそうです (笑)
年中無休。
カラオケなしですがお気に入りの唄は1曲100円でモニターを通じて流してもらえます。
トイレがないので要注意。隣のあいりんセンターにはあららますので。

次は沖縄そば「おかん」。
西成区萩之茶屋2-10-24
10〜19時営業 木曜定休
あいりんセンターから南海電車沿に南に進み、萩之茶屋商店街の一つ手前の筋を左折したところ、テントにおでんつくしの文字が目印。
ここはいつも満員で今回も訪れた時は満席。
時間調整して二回目でようやく入店出来ました。
沖縄出身の年老いたおばぁが一人で切り盛りしてて、
メニューが沖縄そばとゴーヤチャンプルの二品だけと潔い。
あとは各種お酒のみ。
でも、なんだかんだとおかぁが色々アテを出してくれます(⌒-⌒; )

今までは正直…沖縄そばを美味しいと感じたことがなかったのですが、
ここの沖縄そば500円は上方うどんを彷彿させる馴染みのある出汁味。
麺もうどんに比べて細めで柔らかくて食べ易いです。
沖縄製の液体唐辛子の風味がとても良く、これを多めにブレンドしたら余計に美味しくなりました。
店主のおばぁはお人柄が良く、
沖縄出身者の大阪の母的存在なのでしょう、彼女を慕う客足が絶えません。
L字型六席カウンターの小さなお店で昼前から七時までの営業です。

e0083155_16572529.jpg
e0083155_23355915.jpg

そこから萩之茶屋商店街、鶴見橋北商店街を通り、土日だけしか開いてない鶴見橋の串カツ「登美屋」を久々に訪れました。
着いたのは3時半でしたが、開店は4時半から…。
ガーン↘️
台風接近で帰りを急いでたので、開店を待つのをギブアップ( i _ i )

e0083155_17221010.jpg

続いて、鶴見橋北商店街と萩之茶屋商店街を逆戻りして今池交差点前にある土日のみの営業になったおでんの「ふかがわ」に行きました。
ここも台風接近で臨時休業の貼紙ですやん…。
げげげーっ↘️↘️
「なんて日だ〜(小峠調で)」

e0083155_17115111.jpg
e0083155_17120112.jpg

仕方なく、またまた萩之茶屋商店街から鶴見橋北商店街に戻り、
うまい堂」 の太鼓饅頭90円と冷やし飴100円でおやつ休憩。
おっちゃんが丁寧に作る回転焼き(ここでは太鼓饅頭と呼びます)は小ぶりで甘いあんこがたーぷり。
冷やし飴は生姜がちょっと薄めながら甘さ強め。
あぁ、ほっこりしたー🎵

e0083155_17225041.jpg
e0083155_17215689.jpg
e0083155_17230568.jpg

まだ飲めそうやったんで、
萩之茶屋商店街「橋本酒店」に入り、
イワシの生姜煮付け200円 と海老ホタテいか各120円の串カツ(写真撮り忘れ💦)をアテに瓶ビール450円をチビチビ。
温かいご夫婦の営んでおられ、お刺身含めて色々な惣菜がショーケースの中に並び、壁にはボートレース生中継のモニターが二台掛かる、昔ながらの伝統的西成居酒屋スタイルの雰囲気が残っています。

e0083155_17281421.jpg
e0083155_17282737.jpg

帰り道、動物園前商店街で見つけたカウンターのスタンド「あだち」。
雰囲気よさげ〜。今度はここに入りますか👌🏻

e0083155_17303211.jpg

西成、相変わらず虚脱感が漂っていますが、
「例え行き詰まり、流されたとしても、どうにかこうにか生きて行くのさ」
そんなメッセージを感じました。

e0083155_17350481.jpg
e0083155_17361504.jpg
e0083155_17364258.jpg

[PR]

# by godsword | 2017-10-22 10:43 | 西成・新世界