カテゴリ:ミナミ( 79 )

相愛橋「凧焼き屋文左衛門」

道頓堀から南に下る相愛橋(あいおいばし)通りにある、凧焼き屋文左衛門」。
オープンキッチンながらも、とても親しみやすいお店です。
f0128223_1641433.jpg

オススメは、「塩味」と「柚胡椒味」。お値段はどちらも500円。
どちらも今まであるようで、どこにもなかった味付けです。
f0128223_1642584.jpg
f0128223_16421452.jpg


他にサイドメニューも色々あります。
ここで紹介するのは、「胡瓜の浅漬け生姜添え」と大阪名物「どて焼き」、いずれも300円。
f0128223_16422862.jpg
f0128223_16424277.jpg

もいっちょタコポン150円もオススメ。
これも大阪名物のせんべい「満月ポン」でタコ焼きを挟んだスナックねっ。
会社帰りに、これをアテにして、生ビィル500円の650円セットもええわねー。
f0128223_164393.jpg

ここんちのお便所は2階。
上から見下ろすと階段はこぉ~んなに急勾配!!!
酔っ払いのおやっさんにはめっちゃデンジャラス!
f0128223_16432357.jpg


あ、
お向かいのタバコ屋さん「峰」の看板には、
「親しみとの出逢い」とありましたっ。
f0128223_1644657.jpg

[PR]

by godsword | 2009-02-22 16:44 | ミナミ

サヨナラ「くいだおれ」

2008/08/29

来月一杯で閉店する道頓堀のシンボル、いや大阪のシンボル「くいだおれ」。
f0128223_16373887.jpg
f0128223_16374829.jpg


過去に一度だけ行った記憶があるも、そんなに美味しくなかった印象(笑)の「くいだおれ」。

それでも、大阪人ならやっぱり閉店前に行っておかなくっちゃ!
で、行って来ましたよ~~ん。

「くいだいれオムレツ」に「タコ焼きグラタン」を注文。
どれも、それなりに美味しかったのは、名残惜しんで味わって食べたからでしょうか?
f0128223_1638828.jpg
f0128223_16381598.jpg


店頭の「くいだおれ太郎」は閉店後も商標として生き残るとのこと。
なんだかそれをきいて「ホッ」。

きっと閉店までには、まだまだ何度か道頓堀にも来ると思うのですが、
「くいだおれ」の想い出はシッカリと刻めたと思います。
[PR]

by godsword | 2009-02-22 16:38 | ミナミ

法善寺横丁の正弁丹吾亭vol.2

2008/01/05

f0128223_16175948.jpg大阪ミナミの法善寺横丁、
西側の入口には、故藤山寛美師匠が書かれた看板が揚がっています。
この看板の字を良く見ると、どこかおかしいと思いませんか?

そうそう、法善寺の「善」の文字に横線が一本足りませぬ~。
「ワシ、いっつもどこか一本抜けてまっしゃろう?せやさかい、字まで一本抜けてますねん」
とは寛美師匠談。

その看板をくぐり抜けてすぐ左手、横丁石畳の北側にあるお店が、
割烹の「正弁丹吾亭」。
敷居が高いかというと、確かにお店の格調は超一流。
なれど気になるプライスはヴェリーリーズナブル!
f0128223_16182815.jpg

昨日は新年初営業日ということで、
お店はお正月モードでそこかしこに粋なおもてなし心が・・・・・。

f0128223_16185672.jpg当日は男性3人、女性2人の5人で2階の個室で料理をいただきました。
これは酒肴の3種盛り。
子持ち昆布の器はおめでたい鶴、賀正の凧が添えてありました。










個室から見える、本当に狭い空間のお庭。
シンプルだけど、チャイニーズバンブーが一本凛と立っていて、
研ぎ澄まされたセンスを感じます。
f0128223_16192165.jpg


f0128223_16195055.jpg廊下の突き当たりにはお正月の生け花。
杉に山茶花、造花の梅が生けてありました。
これもシンプルだけど、素敵なアレンジです。

お店を出るときは入口まで、番頭さんが御挨拶に出向いて来ていただきました。

料理の味は言うに及ばず、
いつ来ても、何から何まで気持ちよい心地よさを提供して貰える、
昔ながらの温かい浪速人情を感じるお店です。

これで新年会2つ目。
今日も続けて3つ目のお座敷に出撃します~!テヘッ。
[PR]

by godsword | 2009-02-22 16:20 | ミナミ

法善寺横丁の正弁丹吾亭vol.1

2007/12/15

古き良き大阪ミナミの名残の残る法善寺横丁。
北半分の区画が焼失してから、見事に再興を果たしていますね。

その法善寺横丁の老舗、「正弁丹吾亭」に久しぶりに行って来ました。

行ったのは水曜の夜、
7時の入店時でほぼ満席状態だったので、事前に予約を取って行ったのは正解でした。

総じての印象は、
ひとつひとつの料理が、
素材、技(器も飾り付けも)、おもてなしの心、
どの要素も満足の出来るものでした。

下はお刺身3種盛り。
お店の実力を測る一つはお刺身の鮮度。
どれもとても弾力があり、思わず「うっまぁ~」と唸りましたわぁ。
f0128223_16145267.jpg


これは酒肴3種。
星状に切った胡瓜の乗ったもろきゅう、子持ち昆布、平目の雲丹味噌乗せ、
どれも細かい仕事がしてありました。
f0128223_1615168.jpg


渡り蟹のサラダと牡蠣の土手焼き。
土手焼きの牡蠣の火の入り具合は、生臭くなく、でも歯ごたえがある絶妙な加減ですっ。
f0128223_1615339.jpg


他にも名物の味噌おでん、黒なまこの茶粉かけ等々
こんな美味しい料理も、同じ並びの某割烹店では恐ろしく高額なのですが、
お勘定がとても良心的なのも、とても嬉しく思いました。

料理はどれも800円~2500円程度、お酒は白鶴の冷酒ボトルで800円程度なので、
決して敷居が高いという訳でもありません。

店内は白木のカウンターとテーブル席で、キャパ30人程度でしょうか、
昔同様、2階に掘り炬燵式座敷の個室がありますが、一日前ですでに予約は満席でした・・・・・。
[PR]

by godsword | 2009-02-22 16:15 | ミナミ

博労町のスタンドバー「駒グローサリー」

f0128223_16292720.jpgここは、
心斎橋筋を長堀越えて更に北上したとこにある、
御堂筋界隈のOL御用達
「お菓子メッチャやっすぅ~~~っ!(今日もブルボンプチシリーズ50円やったぁ)」
の心斎橋よしや(写真右)のある東西の筋の、
そのもひとつ北側の東西の筋を右折(東折)してすぐ左手の、
ちょーちょーあんやすぃー・・・一角の奥にありますの。


f0128223_16301430.jpg
(難波近くの相合橋筋東側のデンジャラスな雰囲気をそのまま持ってきたような感じぃ?)
そこで人知れずひっそりと営業してる「駒グローサリー」。
その昔、沖縄産瓶入りピーナツをボトルキープ出来たんやけど、
なんせのんびりの沖縄のオバチャンのすることやから、
品切れが度々で今はキープやってまてーん!
(ノ▽・、)ショボボーン




f0128223_1632840.jpg看板には「立ち飲みバー」とあるけど、今は立ち飲みでなく、
カウンター4席の1階と、畳の座敷の2階とゆふ店内ですぅ。
おねいさん一人で切り盛りしたはるさけ、2階は殆どお店の管轄外、治外法権の放牧状態やから・・・、
他の客がおれへんかったらチューし放題ってことねっ!
( ̄m ̄〃)ぷぷ









f0128223_16323260.jpg今日頼んだんは、「パクティ香菜ギョーザ」500えん--パクティのスパイスがほのかに効いた水餃子、











f0128223_16325432.jpgと、「ぶたみそ」350えん--もろきゅうの金山寺味噌の代わりに、赤味噌にブタミンチがミックスされたって感じぃ?の味噌が添えたあるん。の2品。
瓶ビィルはエビスのホップのみ。
付きだしがかぶらのお漬けもの。
しめて1450えんでちた。


今では全然怪しい雰囲気ではなく、
カップルで行くとゆつくりしつとり、
オッサン一人で入ってもお店のおねいさんが適度な距離でおあいそしてくれはるんで、
居心地いいですわよう。
ま、オッサン一人なんで、一通りゆっくりつまんだら、長居せずさっさと帰るんがマナーでしょうかねえ。
[PR]

by godsword | 2009-02-01 16:30 | ミナミ

難波「鶴橋風月」のモダン焼き

去年から定番化した、Lサイズヴァージョンの名物のモダン焼き。
キャベツの量が180gから230gに増量されているそうです。
いつものようにブタ玉モダンでいただきました。

卵麺が少し色濃くなっていますね。
味のブレンドが少し変わったのでしょうか?

さぁて、何回食べても飽きないここのお好み焼き。
味の決め手はなんなんでしょうねえ。
たっぷりキャベツにつなぎの極端に少ない配合比、甘口ソースと薄口マヨネーズのコンビネーションのマジックなのでしょうか。
味は結構濃厚ですけど、ナンボでも行けるライトさが不思議です。
f0128223_1635984.jpg

ブタ肉を最初から刻んでキャベツやつなぎと混ぜ合わせて焼く、
我が家のお好み焼きスタイルは、何を隠そう風月さんから盗まさせていただきましたぁ。
[PR]

by godsword | 2009-02-01 16:05 | ミナミ

道頓堀地ビール

大阪生野のコリアンタウン鶴橋で創業の、今では関東、北海道まで進出を果たした、
関西ではチョーメジャーな、お好み焼きの「鶴橋風月」。

f0128223_1623464.jpg御堂筋と千日筋の交差点の北西角のビル地下1階にあるお店で、
「道頓堀地ビール」を初めていただきました。

大阪生まれ、ちゅうかぁ、
マジ道頓堀の松竹座の中で醸造してるんですってぇ~~~!!!!!
ほ、ホンマかいな~。

小ジョッキで一杯500円也ぃ~。
確かに、生ビールの滑らかさを更に強調した舌触りを実感出来ますね。
お味の方は、
悪く言えばどうにも個性がないと言うか、
良く言えば、関西のうどんだしのように少し薄味系の、
誰が飲んでも一様に嫌みのない、こなれた味だと言えるでしょう。

てゆうか、小1杯じゃでーんでん足らへんしぃ~っ。
[PR]

by godsword | 2009-02-01 16:02 | ミナミ

南船場懐石「麹(こうじ)」

16日は今年初めての忘年会。
しかも、綺麗どころのおねいさん3人のご招待と来たもんで!(*´丱`*)グフゥー

さすがに1vs3ではオッサンにも荷が重いので、
スキップ鈴木クンと、もひとり同僚の萩チャンを誘って3vs3の宴会にしましたん。

おねいさんは産業看護士サンで36~39歳のシングル。
いずれ劣らぬ今風の美人揃いですぅ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン。
何故か皆独身なのね~!
なぁーんか、みぃーんなノーブル過ぎて・・・、オッサンには眩しすぎやね。
女性として対象ではなくて、カワイイ妹分みたいになってる。
そこを見越して、オッサンは頼られてるんけ?
今ではすっかり彼女らの合コンベンダーになってます( ;◇;)ノ。。。ズズ。

f0128223_15494215.jpg幹事のNチャン、おされ~。
今日もエエ感じのお店をチョイスしてくれはった。
場所はトレンディスポット南船場。
ヴィトン、カルティエ、ダンヒルの並ぶ御堂筋と長堀筋の交差点を北上、
ベネトンの一つ北側の筋を西に曲がってすぐの右手。
ベンチマークのオーガニックビルの手前にある「麹(こうじ)」といふお店。
お店の入口は鰻の寝床のように細長いのですが、和風でなかなかシックです。

f0128223_15495922.jpgお店に入るとこんな生け花の飾りが。














f0128223_15504651.jpg通された部屋の雰囲気は古い町家そのもの。
掘り炬燵式になってて、ミョーに落ち着いてくつろげる雰囲気。
隣の襖「ばぁぁああーーん!」て開けたらお布団二つ、って感じぃ?
(写真中央が早々と特等席に陣取るスキップ鈴木のオッサン)

料理は飲み放題付き5000円とちょーリーズナブル。
グルナビにも掲載されているそうですが、このコースは割引対象外だそうです。
料理も懐石風で、順番に料理を持って来てくれはるスタイル。
お刺身は本当に美味しかったです。
あと、液状の豆腐を下から炊いて硬くして、ダシ醤油で食べたり、小振りなお肉も出て来たりで、
最後はかやくご飯に赤出汁、アイスクリームまで付いてました。

そら、料理もそれなりですし、吉兆や大和屋とまでは行きませんが、
若い世代が雰囲気を楽しみながらゆっくりお話するには、いいのではないでしょうか?

話題は色々。
ホノルルマラソンからパリの想い出、叶麗子が京阪沿線出身で如何に今に至ったか、
それぞれの趣味のフラダンスやロップイヤーうさぎの話等々話題満載、
最後に来年の嫁出し作戦でスキップ鈴木に独身メンズ調達のお願いやらで、
ホンマ楽ちかったーo(^-^o)(o^-^)o

僕は9時から次のお座敷に呼ばれてたので、途中で中座。
二次会用に道頓堀のイブに予約入れて、残り5人さんで行って貰い、
5人で12時近くで盛り上がったそうな。

スキップ鈴木さんが恋愛論をアツく語って、
結局6人でスキップの別荘に泊まりに行く約束に決まったそうな。

(メ-_-)σあのおやぢ・・・、彼女らの嫁出しよりも、
自分が楽しむことを優先しとるやんけ。マテイ(;-"-)ノ"~~~~ 。
家庭内もボロボロ状態やゆうのに・・・。
懲りんやっちゃのぅ・・・┐( -"-)┌ヤレヤレ...。

あ、ちなみに僕はなんやかんやゆうて辞退するつもりですぅ。
どあってぇ・・・、
あんなごっつぉおねいさん前に吊されたらさぁあ、
コントロール不能になってでったいスパークしてまう自分がこあいこあい・・・ヾ(ーー )オイ
[PR]

by godsword | 2009-02-01 15:51 | ミナミ

湊町缶詰バー「KANSO」

※このお店は閉店しました。

f0128223_15352261.jpgここは、クルマなら南から四つ橋筋を上がって阪神高速湊町ランプの道頓堀川越えたとこ。
電車なら、地下鉄難波から道頓堀川沿いに西に行って、四つ橋通り越えたとこの角ね。
湊町リバープレイス(阪神高速湊町ランプ、難波ハッチ、FM大阪)の道頓堀川を挟んだ対岸、チャイニーズレストラン「bleu」の東隣。
あるこほるのアテは缶詰オンリーの缶詰バー「KANSO」。

bleuが18時営業開始なんで、開店までの時間待ち調整とか、
休日堀江でショッピングして、一休みにビィル飲みたいぬぁあ、てな時に使うてください。

f0128223_15354057.jpg初心者コースは、しゃきっとコーンとポパイと称するポテトの短冊フライ(代替にチップスターの時アリ)辺りが無難でしょう。
あと、給食で食べたコンビーフ(取っ手をくるくる回して缶を開ける昔ながらの様式--懐かしい~!)とか、チリ味オイルサーデンとかもオススメ。
サプライズネーミングの「トドカレー」もありますよー!
これにポテトチップ浸けながら食べるんも結構イケまんなぁ。

トイレは、お隣のbleuを越えた空き地にある簡易トイレを使いまんのよ。
入口はコード入力式になってて、番号覚えておいたら、急なときにも公衆便所として使えますー。

f0128223_15355897.jpgちょうど今頃のお昼時は清々しくて気持ちいいですわね。
夜は対岸の湊町リバープレイスの景色もご馳走の一つになります。

生ビィル一杯350円 缶詰100円~各種
[PR]

by godsword | 2009-02-01 15:35 | ミナミ