<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大正くわ焼き「クラスノ」

今年100歳の創業者の息子さんと奥様、お孫さんで営んでおられます。
皆さんとっても笑顔で気さくに声掛けして下さって、アットホームな温かいお店です。
地元のお客さん達で満員でした。
雑誌掲載はもとより、柄本明のなにわ酔いどれ横丁DVDにも収められている名店です。

f0128223_22594447.jpg
f0128223_22502967.jpg


創業者の奥様95歳がお店に出て来られて、色々お話をして下さいました。
創業は昭和24年で当時は食料配給制だったので材料が手に入れにくくて苦労したこと、
店名は創業者がシベリア抑留された地名からとったこと、
奈良県田原本町の出身のこと、
親子三代誰も飲めないこと、等々。
ご家族がみんなお元気で明るいのは、創業者ご夫婦はじめ、皆さんが沢山「徳」を積んで来られたからでしょうね。

f0128223_2252877.jpg
f0128223_2302632.jpg


付き出しの煮えんどう豆はおふくろの味にクリソツで懐かしかったです。
くわ焼きは各メニュー2本ずつ。
今回は焼き鳥とピーマン肉詰めは各220円、焼肉たれ焼き320円、
それと出汁巻き270円を食べました。
熱々の出来立てのくわ焼きはどれも美味しいですが、味噌が載ったピーマン肉詰めは初めて食べた味わいで印象的でした。
ただ…冷めたら味が全然変わってしまいますので、食べる分だけ少しずつ頼むのがベストです。

f0128223_2252493.jpg
f0128223_22542969.jpg
f0128223_22541086.jpg
f0128223_22534416.jpg


ここの名物として有名な出汁巻きは、薄めの味付けのオーソドックスなタイプ。

f0128223_22531914.jpg


下町情緒溢れる昭和の人情が通う、本当に雰囲気の良い店です。
仕事でしんどなった時とか、お店の温かさに癒されてとても元気を貰えそうです。
ここもまた来たいお店ですね。
[PR]

by godsword | 2016-12-17 22:47 | 九条

大正立ち飲み「木村屋酒店」

場所は大通りから少し路地に入ったところにありますが、案外わかり易いです。
環状線大正駅から歩いて7分程度です。

右が酒屋さん、左がカウンターの立ち飲み屋さんで木村屋酒店です。
きっと角打ちから始まったんでしょうね。
店内は新しくて、清潔でスッキリした印象で雰囲気もいいです。
酒屋さんをお父さんが、立ち飲み屋をお母さんと息子さんが営んでおられます。
お母さんもイケメンマスターもとても愛想良く、居心地もいいですよ〜。
冷凍ケースにはお刺身等もありましたが、今回はおでんにハマってしまい、他のメニューがあまり食べれませんでした。

e0083155_18493891.jpg
e0083155_18500017.jpg

まずはスピードメニューのクリームチーズクラッカー250円とどて焼き350円から。
どて焼きは肉が上質で、ホルモン系肉が一切なく全て柔らかくて噛み切れます。
味付けも甘みが強過ぎず、とても上品な味付け。
京橋まついとどて焼き大阪ツートップかも〜🌟

e0083155_18511364.jpg
e0083155_18515776.jpg

おでんは種類が多く、出汁もあっさり目でどれも適度に味が沁みてて美味しいです。オススメです‼️
今回は餅巾着、菊菜、ウインナー、チーズトマト(パン二枚付き)をオーダー。
欲を言えば…もっとチンチンに熱いと余計に美味しいと思いました。

e0083155_19020471.jpg
e0083155_19022143.jpg
e0083155_19023455.jpg
e0083155_19025125.jpg

生生姜チューハイ330円は生生姜だけあって生姜の辛さも感じられます。

次はお母さんが作った小鉢類が食べたいなぁ。
また来たいお店です。

営業時間 16:30〜21:00
住所 港区市岡1-4-12
電話 65712089
定休日 日祝

[PR]

by godsword | 2016-12-17 21:00 | 九条

十三酒菜屋(さかなや)「ペッシェ•ロッソ」

でんさん主催の十三ツアー三軒目、先に紹介したイバタの二軒隣にある「ペッシェロッソ」。
店前には何の文字もなく赤い暖簾があるだけ。
来る客を選ぶお店なのでしょうね。

f0128223_21114103.jpg
f0128223_21121119.jpg
f0128223_21123934.jpg

その自信は料理を食べて納得しました。

こぼれスパークリング380円(写真右端)
f0128223_21131966.jpg

高級フレンチ並みの美しさ、気まぐれサラダ400円
f0128223_21145240.jpg

はまちとゴーヤのなめろう400円 
漁師料理らしい味わいのなめろうにゴーヤのほのかな苦みもあって斬新です。
f0128223_21152326.jpg



四川麻婆豆腐390円
辛さ控えめながらも山椒のパンチが効いてて本場四川風の味わいです。
f0128223_21205506.jpg

わらじチキンカツ400円
アッサリスッキリそしてサクサク、鶏嫌いの僕でもソースの旨さと相まって美味しく食べれました。
f0128223_21212136.jpg

炙りたことトマトのチーズ焼き420円
たこの鮮度がいいのでしょう、弾力とたこの旨味を実感しますよ。
f0128223_21214723.jpg

ハマグリと小松菜のすだち酒蒸し390円
すだちの爽やかな酸味がハマグリの素材の良さを引き立ててます。
f0128223_21220995.jpg


料理はどれを食べてもそれなりに美味しくてハズレはありませんでした。
見た目も高級フレンチ並みの美しさ。
しかも、外観とは裏腹に店内は親しみ感のある雰囲気。
店員さんが気さくなので居心地もいいです。

また来たくなる、久々のオススメ「満点グルメ店」ですよ〜。

半個室状態のテーブル席もあります。

f0128223_21234198.jpg

[PR]

by godsword | 2016-12-09 21:10 | 十三・梅田

十三立ち飲み「イバタ」

でんさん主催の十三ツアー二軒目、高架下端のお店。
飲み屋も千軒以上回でんさん主催の十三ツアー二軒目、高架下端のお店。
飲み屋も千軒以上回ってると、エエ店は鼻が効くようになるんですな。
この店、たたずまいからしてすぐにエエ店やと解りました(笑)
常連さんばかりやし、最初は女将さんの口数も少なく、新参者には敷居が高い店かと悲しくなりました。

独りで切り盛りしてる女将さんの給仕の空きを見ながら注文してたりしてたら、いつの間にか温かく受け入れて貰ってました(´∀`*)
女性メンバーには仕事を置いて店外の共同トイレまで案内までしてくれはりました

f0128223_21030864.jpg
f0128223_21033045.jpg
f0128223_21034918.jpg
f0128223_21041241.jpg


鰻巻きもだし巻き自体がエエ出汁味で水っぽくなくて絶妙の塩梅。
おでんに至っては小さめの鍋で丁寧に炊いてるのか、しゅんでる具合がサイコーでした。
立ち飲みと侮るなかれ、アテは絶品でっせ。

淀川区十三本町1-3

f0128223_21081207.jpg
f0128223_21083209.jpg

[PR]

by godsword | 2016-12-09 21:00 | 十三・梅田

難波ウォーク焼鳥「正起屋」

ニューアル後に初めて入った正起屋。

店内は昔ながらの素朴な雰囲気ながら、
カウンターの前の仕切りに枯れ木があしらわれてたりとモダンな印象になってます。

f0128223_19273121.jpg
f0128223_19275006.jpg
f0128223_19280057.jpg
f0128223_19281257.jpg
おっちゃんになると、無性に美味い焼鳥が食べたなる時があるんですわ。
熱燗チビチビやりながらね。
そんな時に真っ先に頭に浮かぶのが正起屋。
素材の良さと絶妙の焼きの焼鳥に癒されるのは勿論、店の雰囲気に脱力してホッとするんですわ。
松阪産の伊勢赤鶏とツムラ本店の河内鴨は文句なしの旨さですよ。

今日食べたのは、
ねぎま220円二本、鴨ねぎ240円、銀杏せせり200円、かわやき170円、自慢のつくね180円各一本、それとビール大瓶510円です。
いずれも塩焼き、タレ焼きを選べます。

f0128223_19283223.jpg
f0128223_19285199.jpg
f0128223_19290146.jpg

僕みたいにカウンター席で独り、しみぢみ飲んでるサラリーマンが多いです。
今日一日頑張った自分へのご褒美かな?(´∀`*)

[PR]

by godsword | 2016-12-09 19:26 | ミナミ