<   2017年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

裏なんばビストロフレンチ「カーブロゼッタ」

一帯が裏なんばと呼ばれる以前の8年前から、ここ激戦区で凛とお店を構えておられるフレンチ店。

大阪市中央区難波千日前15-2
06-6631-8114
不定休 18-23:30 日祝のみ17-22

開店初日に訪れた御縁もあって、久々に訪れました。

f0128223_15190792.jpeg

今回は二回のテーブル席を利用。
c0388708_18133168.jpg
c0388708_18140426.jpg

カボチャのスープ。
c0388708_18141490.jpg

名物のイカ墨オムレツ。
c0388708_18144525.jpg
以下の料理はスタッフが詳しく説明してくれたにもかかわらず、おしゃべりに夢中になってメモを取り忘れてしまいました。
c0388708_18142818.jpg

c0388708_18151533.jpg
c0388708_18152884.jpg
c0388708_18154816.jpg
c0388708_18160142.jpg
c0388708_18161364.jpg
c0388708_18162592.jpg
c0388708_18164368.jpg
c0388708_18170147.jpg

女性スタッフに勧められるままにオーダーしましたが完全にお腹がオーバフロウ。
五人で飲んで食べて22000円、とちょっと高めになりました。
サラダ一つとムール貝を減らしても充分満腹だったと思います(⌒-⌒; )

料理はどれもとても凝った内容ですが、コッテリ感がなく後味が良いものばかり。
今回は女性メンバーが多かったのですが、みんなどれも美味しいと絶賛してくれていました。
二階席の落ち着いた雰囲気と料理のみならず、ワインも充実しているので大人の女性には喜ばれると思います。

ラストのチョココーティングバナナはオーナーから差し入れしていただきました。
最後にはご挨拶に来られて恐縮しましたとさ。

[PR]

by godsword | 2017-10-22 12:11 | ミナミ

生駒宝山寺参道自然菜食食カフェ「ナイヤビンギ」

2017-10-22

久々に訪れたナイヤビンキ。
詳細は下記2012-04-30付けの記事を御覧下さい。

奈良県生駒市門前町12-9
0743-73-0805
12~21時 定休日 火曜

今回は元同僚とランチを楽しみました。
ソイミートの宝山寺味噌竜田揚げと野菜の竜田揚げをメインに小鉢料理が10品。1950円のコースです。
ご飯と汁物、デザートも付いています。前日までに予約が必要です。
昔旅館だった一室で他人の目を気にすることなく、
のんびり食事と会話を楽しみながら、二時間も長居してしまいました。アハッ

メニューは生駒山暗峠の棚田で育った無農薬野菜を使っています。
動物性食材の肉、さかな、牛乳や卵は一切使用しない菜食メニュー。


c0388708_17205719.jpeg
c0388708_17211500.jpeg
c0388708_17213560.jpeg
c0388708_17215432.jpeg
c0388708_17274640.jpeg
c0388708_17262828.jpeg
c0388708_17254430.jpeg
c0388708_17260036.jpeg
c0388708_17261386.jpeg
c0388708_17283304.jpeg
c0388708_17285163.jpeg
c0388708_17182079.jpeg
c0388708_17183196.jpeg
c0388708_17172333.jpeg
c0388708_17173466.jpeg
c0388708_17174863.jpeg

ランチと言えど、ボリュームたっぷりでお腹一杯、友達は食べきれませんでした。
味はお世辞にも絶品とは言えませんが、どれも素朴で食べやすくオーガニックな素材を堪能出来ます。
カップルならチューし放題の放置状態です(笑)
果実ジュースをオーダーして、長くおしゃべりしている主婦グループのお客が目立ちました。


2012-04-30

ここは近鉄生駒駅からケーブルカーに乗り換え、終点宝山寺駅下車。
下車して駅前の道をまっすぐ進み、参道にぶつかりと、参道沿いに少し下った場所にあります。

参道界隈の観光旅館を買い取ってカフェにしています。
旅館の各部屋に通されてその部屋がお客様の貸切部屋となるのですよん。

通された部屋にはこたつと座椅子が。
窓からは生駒市外の眺望が素晴らしい眺めです。
夜に来るともっと綺麗なのでしょうね。

エビスビール700円と生姜の豆乳甘酒650円をオーダーして、
ホッコリとプチバカンスを楽しんでおりました。

僕は家からここまで歩いて来ました~。
下の写真の遠くに見える山の中腹にナイヤビンギがありますねんやんかぁ。(*´Д`)ハァハァ

e0083155_10362962.jpg


家からの経路の宝山寺への石畳の旧参道。

e0083155_10582390.jpg


こちらは宝山寺駅下車の参道です。

e0083155_10422843.jpg

e0083155_10424147.jpg
e0083155_10425872.jpg

以下はナイヤビンキ。
お店構えはこんな感じ。

e0083155_1047281.jpg
e0083155_10474073.jpg
e0083155_10475022.jpg

部屋の中はこんな感じで、部屋には戸はありません。
でも、スタッフが入って来ることもなく、何をしようが自由ですよん(*´丱`*)

e0083155_10481854.jpg
e0083155_104826100.jpg

窓からの景色です。↓↓↓

e0083155_1048537.jpg


エビスビールと甘酒。↓↓↓

e0083155_1049132.jpg
e0083155_10492132.jpg

メニューはランチもディナーもありますし、
エスニック系の飲み物も多数用意されています。
しかも、それを飲んでも唸る旨さ!
これがこのお店のスゴイところです。

元観光旅館の内部は坪庭があったりのこんな感じです。↓↓↓
お店オリジナルのウェアも販売されていますが、値段は高めです。
e0083155_10505883.jpg
e0083155_1051644.jpg
e0083155_10511511.jpg
e0083155_10512321.jpg
e0083155_105131100.jpg
e0083155_10514011.jpg
e0083155_10514852.jpg
e0083155_10515870.jpg

[PR]

by godsword | 2017-10-22 12:09 | その他

日本橋おはぎ「玉製家(ぎょくせいや)」

日本橋駅近くの千日通りに面したおはぎ屋さん玉製家。

大阪市中央区千日前1-4-4
14時~売り切れまで
定休日:木日祝
お彼岸お盆期間は営業

普段は40人位の長蛇の列だそうです。
日曜はお休みですが、訪れた日はお彼岸の最中ということで特別に開いてました。
並んでるお客さんも少なくてラッキー👌🏻


f0128223_15202081.jpeg
c0388708_18473274.jpg

あんこのおはぎ3個ときなこのおはぎ3個のセットで900円ちょっと。
きなこはおはぎが隠れる程、上からたっぷり乗っています。
きなこおはぎの方は当日中に食べないといけないと、お店の方に念を押されます。
翌日にはお餅の水分が表面のきなこに滲み出てしまい、きなこ自体の風味が変わってしまいます。

あんこは甘過ぎず。
でも最近流行りのあっさりし過ぎてもおらず、甘さが適度にあって個人的には嬉しい味付け。
きなこは今まで食べた中で、一番きなこ本来の風味が深いです🌟🌟🌟
行列が出来るのが解りますわ。
難波飲みの時は毎回おみやげに買って帰ろうと思います👌🏻

c0388708_18475696.jpg
c0388708_18481652.jpg

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:52 | ミナミ

日本橋鉄板焼き「鉄板野郎」

斬新な鉄板焼きを提供する鉄板野郎。

f0128223_15211453.jpeg
c0388708_18413144.jpg
c0388708_18414778.jpg

最もインパクトがあるのは明太出汁巻卵いくらこぼれ1200円。
真ん中に明太子がサンドされて、小粒のイクラがびっくりするぐらい満載!
パイネ550円はとろーりチーズをサンドしたお好み風。
これらと豚平焼き640円がこのお店の鉄壁トリオで「おっさんメニュー」と呼びます。

c0388708_18423511.jpg
c0388708_18424971.jpg
c0388708_18430691.jpg
c0388708_18184683.jpg
c0388708_18183084.jpg
c0388708_18445249.jpg
c0388708_18451062.jpg

個人的に気に入ってるのはサワーのネーミング。
巨乳サワー(巨峰入り500円)
これにIWハーパーを加えたHカップサワー600円
美乳サワー(マッコリ入り600円)
乳に拘ったはるのん、スキ💓(//∇//)

c0388708_18434744.jpg
c0388708_18440439.jpg

他に金チュウ(リアルゴールド割り500円) とかもあるよ〜(*´∀`*)

c0388708_18442358.jpg

帰り際、
二階にあるお店を出て僕達が一階に降りるまで店員さんが見送ってくださいました。
お客さんに対するスタンスがとても嬉しかったです。

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:48 | ミナミ

日本橋お好み焼き「㐂代(きよ)」

吉本の芸人も贔屓の老舗お好み焼き店㐂代。
他のお店では食べられないような一工夫メニューがウリ。

f0128223_15215815.jpeg
c0388708_14502110.jpg

今回食べたのはカレー焼きそば1100円と餅納豆ねぎ焼1き1300円。
カレー粉が加わるだけで焼きそばにスパイシーさが効いて風味が変わりますね。
カレー粉やソースにも秘伝のこだわりがあるのでしょうね、カレー味に安っぽさがなくマイルドな仕上がりです。
ビールと好相性。

c0388708_14482938.jpg

餅納豆ねぎ焼きは表面の醤油の香ばしさが最初に飛び込んで来ます。
インパクトがあって粉もん好きの関西人が喜びそうな味付け。
ネギや納豆の量や味覚はむしろ弱め。
お餅がたっぷり入った食感がメインです。

c0388708_14485284.jpg
c0388708_14491223.jpg

複数人で分けながらビールやハイボールのアテとして楽しむのがオヤジ流でしょう。

大将は人懐っこくて愛想がいいので初めてのお客さんでもゆっくり楽しめますよ。
店名を使った「㐂代焼き」1300円が気になります。
次回食べてみたいですな。

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:46 | ミナミ

天理本通り商店街「SUP」

大阪から随分離れていますが、
今日は前回天理ライド&ウォークの時に気になってた天理教本部すぐ近くの居酒屋 SUPを紹介します。

昼間はカフェメニュー主体で天理高校や大学の生徒、若い信徒さん達が顧客の主流になっています。

f0128223_15224485.jpeg

店内はカウンター、奥には椅子に座って飲めるテーブル席があります。

e0083155_18502433.jpg

e0083155_18504322.jpg

地元の清酒「稲天」製奈良漬けクリームチーズ250円。
これは久々にハマりそうな珍味メニューです。
奈良漬けの味は主張せず、あくまでクリームチーズに主眼を置きながらも食感やほのかな甘みを楽しむ上品な仕上がりになっています。
稲天酒店は天理本通り商店街にあるので今度おみやげに買って帰ろうと思います。

e0083155_18505724.jpg


カリカリパスタは130円と格安メニュー。
パスタを揚げただけのシンプルなメニューですが、塩のみや醤油やマヨネーズと高相性です。
自分で食べやすい長さに割って食べます。
生ビールはモルツで一杯380円

e0083155_18512377.jpg

うずら卵フライは一本110円ですが大粒で、串カツ屋のうずらより断然食べ応えがあります。

e0083155_18513576.jpg

アルコールは少し高めの設定ですが肴メニューは安いものが多く、トータルで安く飲めてリピーターになりそう。

e0083155_18514738.jpg

気になったのは、
女性店員さんが少し社交性に乏しいように感じたこと。
このロケーションは、地元住民の他に学生や信徒さん等潜在的な顧客数もある程度見込めると思うので、
価格設定もリーズナブルですし、スタッフとお客様とのコミュニケーションが弾めばもっと口コミで繁盛するのではないでしょうかね。

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:44 | その他

西成酔いどれツアー「あたりや東源」「おかん」「うまい堂」

うつが重くてしんどい毎日が続いてた頃、気持ちをユルくしてもらいに西成の街に良く来たものでした。

先月17日は久々に懐かしい空気を吸いに西成を徘徊。
かつて入れなかったお店を訪ねました。

一軒目は、新今宮駅前のあいりんセンターの南側裏手にある、居酒屋「あたりや東源」。
今回は日曜で昼時を過ぎてたこともあり、お客さんが一人だったのでチャンス到来で入店。
50歳の女将さんがやってる今年29年目の老舗。
営業時間は朝7〜14時でキャッシュオンデリバリーシステム。

f0128223_15232941.jpeg

e0083155_16565870.jpg

瓶ビール500円、スープタイプのゴーヤチャンプル300円、チーズ200円と、あいりんど真ん中にしては値段はちょっと高めの設定。
豆腐多めでザク切りのゴーヤの苦味と塩味スープのゴーヤチャンプルは、チーズをチビチビ口に含みながら食べると味が激変します。
美味し〜い!
どのメニューも一皿の量が多めにしてるとのことで、場所柄ガテン系のお客さんに優しいですね。
他にも鮭ハラス、肉タタキ、しめ鯖等、親しみのあるメニューが多数用意されていました。
女将さん曰く、
ここで楽しく飲むキモは「仕事とお金の話はしないこと」だそうです。
お客さんに頑固なシニア世代が多く、この二つでよく揉めるそうです (笑)
年中無休。
カラオケなしですがお気に入りの唄は1曲100円でモニターを通じて流してもらえます。
トイレがないので要注意。隣のあいりんセンターにはあららますので。

次は沖縄そば「おかん」。
西成区萩之茶屋2-10-24
10〜19時営業 木曜定休
あいりんセンターから南海電車沿に南に進み、萩之茶屋商店街の一つ手前の筋を左折したところ、テントにおでんつくしの文字が目印。
ここはいつも満員で今回も訪れた時は満席。
時間調整して二回目でようやく入店出来ました。
沖縄出身の年老いたおばぁが一人で切り盛りしてて、
メニューが沖縄そばとゴーヤチャンプルの二品だけと潔い。
あとは各種お酒のみ。
でも、なんだかんだとおかぁが色々アテを出してくれます(⌒-⌒; )

今までは正直…沖縄そばを美味しいと感じたことがなかったのですが、
ここの沖縄そば500円は上方うどんを彷彿させる馴染みのある出汁味。
麺もうどんに比べて細めで柔らかくて食べ易いです。
沖縄製の液体唐辛子の風味がとても良く、これを多めにブレンドしたら余計に美味しくなりました。
店主のおばぁはお人柄が良く、
沖縄出身者の大阪の母的存在なのでしょう、彼女を慕う客足が絶えません。
L字型六席カウンターの小さなお店で昼前から七時までの営業です。

e0083155_16572529.jpg
e0083155_23355915.jpg

そこから萩之茶屋商店街、鶴見橋北商店街を通り、土日だけしか開いてない鶴見橋の串カツ「登美屋」を久々に訪れました。
着いたのは3時半でしたが、開店は4時半から…。
ガーン↘️
台風接近で帰りを急いでたので、開店を待つのをギブアップ( i _ i )

e0083155_17221010.jpg

続いて、鶴見橋北商店街と萩之茶屋商店街を逆戻りして今池交差点前にある土日のみの営業になったおでんの「ふかがわ」に行きました。
ここも台風接近で臨時休業の貼紙ですやん…。
げげげーっ↘️↘️
「なんて日だ〜(小峠調で)」

e0083155_17115111.jpg
e0083155_17120112.jpg

仕方なく、またまた萩之茶屋商店街から鶴見橋北商店街に戻り、
うまい堂」 の太鼓饅頭90円と冷やし飴100円でおやつ休憩。
おっちゃんが丁寧に作る回転焼き(ここでは太鼓饅頭と呼びます)は小ぶりで甘いあんこがたーぷり。
冷やし飴は生姜がちょっと薄めながら甘さ強め。
あぁ、ほっこりしたー🎵

e0083155_17225041.jpg
e0083155_17215689.jpg
e0083155_17230568.jpg

まだ飲めそうやったんで、
萩之茶屋商店街「橋本酒店」に入り、
イワシの生姜煮付け200円 と海老ホタテいか各120円の串カツ(写真撮り忘れ💦)をアテに瓶ビール450円をチビチビ。
温かいご夫婦の営んでおられ、お刺身含めて色々な惣菜がショーケースの中に並び、壁にはボートレース生中継のモニターが二台掛かる、昔ながらの伝統的西成居酒屋スタイルの雰囲気が残っています。

e0083155_17281421.jpg
e0083155_17282737.jpg

帰り道、動物園前商店街で見つけたカウンターのスタンド「あだち」。
雰囲気よさげ〜。今度はここに入りますか👌🏻

e0083155_17303211.jpg

西成、相変わらず虚脱感が漂っていますが、
「例え行き詰まり、流されたとしても、どうにかこうにか生きて行くのさ」
そんなメッセージを感じました。

e0083155_17350481.jpg
e0083155_17361504.jpg
e0083155_17364258.jpg

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:43 | 西成・新世界

梅田ハービスエント カフェ「アンティコカフェアルアピス」

最先端のお洒落空間ハービスエントにある開放的で華やかな雰囲気のカフェ。
06-6346-2588
平日8~23時 土曜10~23時 日曜10~22時

f0128223_15244048.jpeg

e0083155_20243723.jpg

e0083155_20245043.jpg
e0083155_20250172.jpg

苦めのコーヒーに生クリームをトッピングしたマロッキーノ500円と濃厚なチョコケーキ、チョコラータ250円のカップリングは大人にオススメのメニュー。

e0083155_20251039.jpg

e0083155_20382445.jpg

アルコール類も充実していて、アルコールに合うメニューも色々用意されています。

今回はモレッティビール600円のみでしたが、今度は料理もオーダーし、昼間から飲みたいですね。
梅田の最先端空間で小粋なメニューを肴に昼飲み出来るお店を見つけて嬉しいです。

e0083155_20252124.jpg

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:39 | 十三・梅田

梅田ヒルトンプラザウェスト ダイナミックキッチン&バー「燦(さん)」

北区梅田二丁目2-2 ヒルトンプラザウエスト
11~15時 17~23時
06-6345-8163

梅田の一等地に位置し、お店の雰囲気が良く都会の洗練された雰囲気です。
個室を利用したのですが、天井がオープンで少し騒がしいのが玉に瑕。
ランチ時はブッフェ形式になるようです。
若い女性スタッフが僕たちの個室の給仕を最後まで担当してくれました。

f0128223_15252256.jpeg

e0083155_20295562.jpg
e0083155_20301405.jpg

アルコール飲み放題付きで5000円のコースを楽しみました。
ハイボールは響や知多といった高級銘柄をオーダー出来ますし、ビールもプレモルでプレミアム度が高いのがいいですね。


e0083155_20313111.jpg

プレミアムなアルコール類に対し、
料理は前述の飲み放題2時間付きのパッケージですので、それなりのまとまりです。

前菜の八寸に相当する小さな小鉢、特製木綿豆腐、タコの冷製サラダ、トマトペーストの焼き野菜、かき揚げ風天ぷらまでは味に尖がりがなく、無難なメニューに終始します。

どちらかというと、雰囲気重視の若年層向けプランでしょうね。

口の肥えた大人には料理に物足りなさを感じるのではないでしょうか。
コースでなく一品メニューの方が興味をそそります。

e0083155_20302821.jpg

e0083155_20303898.jpg

e0083155_20304913.jpg

e0083155_20315131.jpg

e0083155_20310812.jpg

e0083155_20323168.jpg

視覚的にインパクトがあったのが野菜の肉巻きのせいろ蒸し。
ただ味の方はやはり無難なレベル (笑)

e0083155_20321549.jpg

e0083155_20324603.jpg

e0083155_20325618.jpg


せいろ蒸しの後はごはん代わりのお蕎麦とデザートが付いています。

e0083155_20330937.jpg

e0083155_20334785.jpg

ダイナックグループのお店はどこも立地や雰囲気、演出は洒落ていて、都会のスマートさを満喫できると思います。
ただ...、
選択コースの価格帯が飲み放題付きの5000円とリーズナブル故か、毎回メニューに料理本来の感動が少ないアンバランスさを残念に思います。

個人使いよりむしろ会社の集まり等、オンタイム使いで雰囲気を楽しむのに喜ばれるでしょう。

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:37 | 十三・梅田

東心斎橋サウンドバー「AZABU」

矢沢永吉ファンのマスターが営むバーとして関西では有名な「AZABU」。
男気があって男前なマスターは強面ながら、話すと優しい紳士的な方です。

土曜日の夜となると、熱狂的な矢沢フリークが集まり、ハイレベルなカラオケパフォーマンスが繰り広げられます。
迫力あり過ぎてちょっと気後れするほど(笑)
初めて行くなら平日の開店直後の20時頃がオススメです。

中央区東心斎橋2-8-20新日本畳屋ビル2F
06-6213-1830
20時~翌日5時まで 日曜定休

f0128223_15255607.jpeg

チャージは一人2000円。
ハイボール等アルコール類は600円程度、お店で人気No.1のモヒート(写真上)は1200円です。

カラオケはワイヤレスマイクの他にも矢沢定番の白いマイクスタンドもあります。
白いマイクスタンドは、
左手でマイク球体風防の根元を、右手でマイクスタンドを持ち、口に近づけ過ぎずにシャウトするのが王道、
とマスターが直々にマイクスタンドを持って初来店のでん課長にレクチャーしてくれました。
でん課長はいたく感動しとりましたー (笑)

e0083155_18353843.jpg

勿論矢沢以外の曲を唄うのもOK!
ただ、演歌が続くとさすがにマスターも無口になるので注意です(笑)

写真は「東京」「逃亡者」を熱唱するでん課長。随分楽しそう ♪
僕は「ラストシーン」「時間よ止まれ」を唄いました~。
久しぶりのAZABU、「はー、楽ちかった」

[PR]

by godsword | 2017-10-22 10:35 | ミナミ