西成ハシゴ酒 新八/越源/酒の穴/楽友/難波屋

2月末に、ボディボード元日本代表のつっちゃんと西成で昼飲みハシゴ酒。

まずは新店ながらいつも満員の新八。
以前はおばあさんが営む一本20円の串カツ屋さんやったとこ。
聞けば今も所有者はおばあさんの家族だそうです。

c0388708_23350625.jpeg
c0388708_23352119.jpeg

新八名物牛タン焼き250円からスタート。
弾力、薄さ、肉の濃い味がバランス良く、人気メニューです。
c0388708_23372414.jpeg

牛カツは3枚で200円。元々350円から一気に200円に値下げってどーよ( 笑 )
肉厚もそこそこあってお得感アリ。

c0388708_14464117.jpeg

白ネギ焼き150円は塩味効いて美味しい。
肉メニューのアテに高相性。

c0388708_23375633.jpeg
c0388708_23353597.jpeg

新世界の串カツ屋は昔から「越源」贔屓。
大将は今ではぽっちゃりしてしまいましたが(*´꒳`*)昔は当時珍しい金髪でイカしてた。
店内にはローリングストーンズのポスターが貼られて彼らのCDがかかるロックなお店。
大将は昔から無愛想でね💦
一人でお店を回している大将の忙しさ度合いを客が見ながらオーダーする雰囲気も、何故か気に入ってしまいました( 笑 )
旅雑誌サライにも掲載された串カツは、衣が細かくネタも良く、サクサクの揚げたてはとても美味しいです。
最初から串に刺してあるネタもありますが、牡蠣等ネタによってはオーダーを受けてから串に刺す、手間を惜しまないこだわりも。

f0128223_23293935.jpeg
c0388708_23101846.jpeg
c0388708_23103802.jpeg
c0388708_23105551.jpeg

越源の斜め向かいにある「酒の穴」。
ここの細かく刻んだキャベツの豚玉お好み焼き400円は、お好み焼きを沢山食べて来た大阪人でもまた食べたくなる味。
正直…他のメニューではあまり印象に残るものがありませんが…💦 アハッ

c0388708_23114332.jpeg
c0388708_23121895.jpeg
c0388708_23122975.jpeg
c0388708_23124012.jpeg

萩之茶屋商店街にある「楽友」は元々中華料理店。
今は屋号を引き継ぎ、中国人女性スタッフ三人のカラオケ居酒屋の色が濃い。
お客さんもなかなかディープ揃い💦
ローカルでない素人は餃子とビールをサク飲みして、カラオケ一曲唄って帰るのがいいでしょう。

c0388708_23130105.jpeg
c0388708_23132474.jpeg
c0388708_23131042.jpeg

そして萩之茶屋界隈の立ち飲みベンチマークの「難波屋」。
今回は、今日のフランス料理「チーズとほうれん草のスフレ」からスタート。
ビールはスーパードライと同価格400円の淡麗。
あとはいつもの麻婆豆腐、野菜の練り天揚げ、馬刺しをオーダー。

おとなしい看板猫も、何故か馬刺しが切り分けられはじめると、まな板の下でおねだりする(*´꒳`*)
可笑しいねえ。

c0388708_23141644.jpeg
c0388708_23133802.jpeg
c0388708_23135163.jpeg
c0388708_23140308.jpeg
c0388708_23143132.jpeg
c0388708_23144281.jpeg
c0388708_23203262.jpeg
c0388708_20551067.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-04-01 19:25 | 西成・新世界