カテゴリ:九条・西九条・大正・大阪港( 14 )

九条界隈徘徊

アーケード商店街、
僕ら世代には懐かしいですね。

今回は地下鉄九条駅下車して"小林の酒や"を訪れるついでに、アーケード商店街を探索しました。

まずは通りの幅が広い南側アーケード商店街からスタート。
新しいお店や活性化された老舗店が混在する活気のある通りです。

アーケード終点近くのディスカウントショップ「山崎」で見つけたサンダルはナント税込214円🔅やっす‼️
山登りにも使いましたがなかなかタフそうです。
c0388708_09072983.jpeg
c0388708_23474341.jpeg
c0388708_07012744.jpeg
c0388708_07014414.jpeg

続いて北側アーケードに移動。

最初に訪れたのは、アーケードから左に入ってすぐの「小林の酒や」。
ネットでは15時開店とありましたが、最近は16時開店とのこと。
15時半に訪れたのですが、入店させていただきました。
瓶ビール380円を二本、 青椒肉絲400円 と名物のポテサラと湯豆腐を食べて1450円でした。
c0388708_23483729.jpeg
c0388708_23490567.jpeg
c0388708_23492130.jpeg
c0388708_23493771.jpeg
c0388708_23500242.jpeg

再び通りに戻り、北上したところにある「すし政 」
持ち帰りと居酒屋風カウンター店を併設。
居酒屋は10〜21時営業。
はまち300円 は脂はあんまり乗ってないけど(笑)、コリコリの食感がいいなぁ。
あと、にぎりの米の握り方が雑やし(⌒-⌒; )
いか300円は肉厚で濃厚。久々のイカらしいイカを食べました。どれも三貫ずつなのが嬉しいですな。
鉄火巻き200円はいい海苔使ったはる👍🏻
トータル850円でした。
c0388708_23501915.jpeg
c0388708_23502973.jpeg
c0388708_23504411.jpeg
c0388708_23510679.jpeg
c0388708_23511671.jpeg
c0388708_23512624.jpeg

次に入ったのがたこ焼き「今井商店」
店裏がカウンターのイートインコーナー。
激辛ソースたこ焼き6個200円は中身がトロトロでタコが大きい。
ソースは正直…めちゃ辛いですー!
聞けばダイコク激辛ソースを使用とのこと。
生ビールは380円。6時半閉店 。土曜日なら団体で来ても大丈夫とのことでした。
c0388708_23514999.jpeg
c0388708_23520292.jpeg
c0388708_23521405.jpeg
c0388708_23523715.jpeg
c0388708_23524726.jpeg

北側アーケードは終点まで行かずに途中で駅に引き返しました。この先にまだまだ良さげなお店がありそうな予感がしています。
南側もアーケードと松島新地の間にある界隈がなかなかディープなお店ばかり。街の看板がワロタヽ(・∀・)

c0388708_23364742.jpeg

この界隈は夜の営業のお店ばかりなんで、別途訪ねてみたいですね。

[PR]

by godsword | 2018-10-20 12:59 | 九条・西九条・大正・大阪港

大阪港 立ち飲み「オーサワ(大沢酒店)」

c0388708_06422698.jpeg

肴が充実のオオバコ店。
手作りお好み焼き350円、黄金イカに焼き明太子と好物が多いのが嬉しい♡
昼のロコ客は若いコも多いですが💦みんな優しいです〜👍🏻
お好み焼き3は 山芋入りでしょうか、柔らかくて食べ易く、母が作ってくれた味がしました。
カウンター席は椅子に座るのもOK。

c0388708_06415305.jpeg
c0388708_06421000.jpeg

またこれからも訪れて、充実のメニューをいろ食べてみたいです。

[PR]

by godsword | 2018-10-20 12:53 | 九条・西九条・大正・大阪港

朝潮橋立ち飲み「炭本酒店」

その昔、このお店の前まで市電が走ってた下町の老舗角打ち「炭本酒店」。
穏やかで優しい女将さんがお一人で切り盛りされています。
お酒は各自がショーケースから好みのアルコールを取り出して勝手に飲むスタイル。

大阪市港区三先2-13-23
06-6571-4161
営業 12〜21時 日祝定休


f0128223_07384820.jpeg
c0388708_15243865.jpeg

一品は各種充実しています。

c0388708_15245415.jpeg

とりあえずチーズ100円をオーダーしておいて、メニューは自分の好みで吟味しましょう。

c0388708_15251675.jpeg

当日はイカの煮付けとイワシの生姜煮付け、千切り大根とかき揚げをアテに、角瓶ハイボールと淡麗の缶入りを飲みました。
煮物はどれも味付け控えめですが、熟年世代には優しい味付けで好感が持てます。
かき揚げは何も付けずにそのままで充分美味しかったです。
値札が未だ良く判らないのですが、いつも二品とアルコール二本で1000円を超えることはありません。

c0388708_18152314.jpeg
c0388708_18153590.jpeg
c0388708_18154842.jpeg
c0388708_18160637.jpeg

今回で三度目ですが、お客さんはロコが殆ど。
女将さんのキャラクターと相まって、気さくな方が多くて会話も弾みます。
お店の雰囲気は個人的に肌に合ってて心に沁み入りますな。

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:36 | 九条・西九条・大正・大阪港

朝潮橋立ち飲み「富士屋酒店」

大阪港から朝潮橋まで健康も兼ねて歩きました。
と言うても立ち飲み屋さん巡りも兼ねてですが〜(*´∀`*)

c0388708_21531818.jpeg
c0388708_21532962.jpeg

朝潮橋の老舗立ち飲み「富士屋酒店」
自動販売機に入口が覆われていてどこから入るのか一瞬たじろぎました(⌒-⌒; )

大阪市港区八幡屋1-9-18
営業 10〜18時 日曜定休

f0128223_07382866.jpeg
c0388708_21535283.jpeg

おでんは豆腐と厚揚げの他に何があるのか不明。
周りのおっちゃん達が豆腐か厚揚げしか頼んでなかったんで、僕もその二つを注文。
おでん床から出してから何故かレンジでチン。
なるほど。豆腐は芯が冷たかったです。でも厚揚げは熱い(笑)
おでん床からは湯気が立ってたので温かいのでしょうが、何故熱くしないのでしょうかねえ…。

c0388708_21541198.jpeg
c0388708_21541946.jpeg

角打ちだけあって瓶ビールは大中小から選べますし、アルコール類は日本酒始め多種から選べますよ。
大将は愛想のいいタイプではないですが、淡々と応対していただけます。アハッ
店内はテレビの音だけが流れていますがお客さんは途切れず、地元では愛されているお店なのでしょうね。
ショーケース内には小鉢ものも置いてありました。
缶詰や袋物の乾きもんも色々あります。
大瓶ビールとおでん二つで600円でした。やっすーっ‼️

この繁盛ぶりの魅力は何なのか…、お店と同化出来るようになりたいと興味が深まりました。笑

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:35 | 九条・西九条・大正・大阪港

天保山美味彩菜「たんぽぽ」

大阪市港区築港3-6-16
06-6571-1158

c0388708_22093690.jpeg
c0388708_22104271.jpeg

大阪市内で多店舗展開する産直素材がウリのたんぽぽ。

地元の名産"みなトクモン認定メニュー"に選定された「天保山チーズ」527円 は柔らかいチーズペーストと蜂蜜ベースの甘いソースをクラッカーに乗せて食べます。
発想はユニークでそれなりの味に仕上がっていますが、チーズとソースにインパクトが少し足りないように思います。

当店の名物つくねの「自慢のタレ焼き」131円は色んな味付けバージョンがあります。フワフワで柔らかい食感があるのですが、口に入れるとぬる目でアツアツでなかったのが残念でした。
ハイボールは360円。
ギャル曽根にソックリ(笑)な調理担当の女性店員さんは満面の笑顔で愛想が良いのに、男性店員はそうでなくて私語の声が大きい…↘️

f0128223_07380140.jpeg
c0388708_22102306.jpeg
c0388708_22110334.jpeg

料理のバラエティに富んでいるので、産直素材を使用した他のメニューが気になるところです。

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:34 | 九条・西九条・大正・大阪港

九条鰻専門店「宇奈とと」

東京資本で大阪でも数店展開する宇奈とと。

c0388708_14151293.jpeg
c0388708_14154002.jpeg
c0388708_14165841.jpeg
c0388708_14171184.jpeg
f0128223_07341287.jpeg
c0388708_14173847.jpeg
c0388708_14175170.jpeg
c0388708_14180113.jpeg

安くて美味しい鰻蒲焼きを食べたいと、前々から気になってて、友達との九条飲みの前に訪れました。

カロリーを減らすため、丼ではなく蒲焼き800円 を注文しました。
肉厚があり皮が薄めですが、アツアツではなかったので予め焼いたものを再加熱してるのでしょうか。
焼き立てならもっと美味しいでしょうね。少し残念です。
でもコスパはなかなかのものですよ。
極上蒲焼きなら尾の部分はなく胴部分になります。

他にもビールのアテで"くりから串"250円 "肝串"250円が良さげです。

生280円は珍しくモルツです。

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:14 | 九条・西九条・大正・大阪港

九条「小林酒店直売所」&「小林の酒場」

奇しくも小林の名が付く立ち飲み屋さんを二軒ハシゴしました。
同じ系列店なのでしょうか。

一軒目の「小林酒店直売所」

大阪市西区九条2丁目7-9
営業 14〜20時 火曜定休
06-6583-2874

地図に基づいて九条駅からアクセスしたのですが、細い怪しい路地を入って行くと、角にスーパードライの立て看板があり、ラジオの音が聞こえてきました。

c0388708_11191775.jpeg
c0388708_11193070.jpeg

扉が開いてたので覗くとコの字型カウンターがある立ち飲み屋さん。
すんごいディープやな💦とビビりながら入店すると、お店の人の目が一斉に集中して冷や汗が…。
(」lll ̄ロ ̄)」-ヒイィィィ!!!!

聞けば、僕が入った扉は裏口でお店の人も皆ビックリしたとのこと(爆)

愛想の良い老夫婦と、かつてはオッサンキラーであったであろう、自称アンジェリーのお三人さんで営まれています。
お客さんは殆どが地元ロコの馴染みの方ばかり。
完全なアウェー状態ですが、皆さんが温かく接してくださって居心地はいいです。

ここんちの定番メニューはポテサラ350円と特製昆布豆腐100円だそうです。
店内のヌードポスターはアンジェリー御本人だとか(笑)

f0128223_07333331.jpeg
c0388708_11203755.jpeg
c0388708_11205557.jpeg
c0388708_11210807.jpeg
c0388708_11212564.jpeg

お店正面はこんな構えです。
(写真は「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」掲載写真を借用)

c0388708_11213314.jpeg


二軒目の「小林の酒場」

    大阪市西区九条1-7-18
    06-6581-4707

ここは直売所と打って変わって女性スタッフばかりのモダンな雰囲気。
店内は静かでゆっくり飲めますよ。

c0388708_11330954.jpeg
c0388708_11334529.jpeg
c0388708_11342474.jpeg

200円と300円中心のリーズナブルでバラエティに富んだメニューです。

c0388708_11332584.jpeg

今回はおつまみ三種盛り、チーズインのピザ、カワハギ煎餅をいただきました。
どれもソツのない味でした。

c0388708_11350260.jpeg
c0388708_11352806.jpeg
c0388708_11354530.jpeg

両店共に昼飲みするには気軽に入りやすくていいですね〜。
でも…、ファンキーさでは圧倒的に小林酒店直売所です(笑)

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:13 | 九条・西九条・大正・大阪港

西九条居酒屋グルメ「せぞん」

環状線西九条駅前のスクランブル交差点を渡ってすぐのトンネル横丁にあるせぞん。

此花区西九条4-1-23
6463-3335
17〜23時 日祝定休

おふくろの手料理にそっくりな味の美味しい温かみのある料理が楽しめます。
凝ってない素朴な味付けはホッとしますよ。
白髪の店主と常連さんのアットホームな雰囲気です。

e0083155_22485738.jpg
e0083155_22503635.jpg
e0083155_22505191.jpg

c0388708_12243321.jpeg
c0388708_12255106.jpeg
c0388708_12252442.jpeg



c0388708_12223563.jpeg

牡蠣は素材の良さを生かした最小限の味付け。
c0388708_12214422.jpeg

豚キムチ
c0388708_12220977.jpeg
c0388708_12230884.jpeg

コンニャクステーキ
c0388708_12234410.jpeg

串カツ盛合せ
c0388708_12262720.jpeg

牡蠣の味噌煮込み。冬は温まりますよ~。
c0388708_12295725.jpeg
c0388708_12301846.jpeg
c0388708_12305151.jpeg
c0388708_12315435.jpeg
c0388708_12322133.jpeg
c0388708_12384869.jpeg
c0388708_12391348.jpeg
c0388708_12393715.jpeg

鍋は各種あって一人分のサイズでアツアツをいただけます。二人でつついても丁度良い分量です。
c0388708_12400091.jpeg
c0388708_12402530.jpeg


牛肉ピーマンナス炒め500円も薄肉たっぷりでコッテリ感もなく食べ易いです。
卵乗せ焼きそば400円は具沢山で、家で作るソース焼きそば風。
中華風やっこ280円は搾菜たっぷり乗せだけど、こじんてきにはラー油か胡麻油のもう一味が欲しい。

e0083155_22510967.jpg
e0083155_22512475.jpg
e0083155_22513868.jpg
エアコンが故障なのか当日は扉を開けての営業中でした💦

[PR]

by godsword | 2017-07-14 11:02 | 九条・西九条・大正・大阪港

大正くわ焼き「クラスノ」

今年100歳の創業者の息子さんと奥様、お孫さんで営んでおられます。
皆さんとっても笑顔で気さくに声掛けして下さって、アットホームな温かいお店です。
地元のお客さん達で満員でした。
雑誌掲載はもとより、柄本明のなにわ酔いどれ横丁DVDにも収められている名店です。

f0128223_22594447.jpg
f0128223_22502967.jpg


創業者の奥様95歳がお店に出て来られて、色々お話をして下さいました。
創業は昭和24年で当時は食料配給制だったので材料が手に入れにくくて苦労したこと、
店名は創業者がシベリア抑留された地名からとったこと、
奈良県田原本町の出身のこと、
親子三代誰も飲めないこと、等々。
ご家族がみんなお元気で明るいのは、創業者ご夫婦はじめ、皆さんが沢山「徳」を積んで来られたからでしょうね。

f0128223_2252877.jpg
f0128223_2302632.jpg


付き出しの煮えんどう豆はおふくろの味にクリソツで懐かしかったです。
くわ焼きは各メニュー2本ずつ。
今回は焼き鳥とピーマン肉詰めは各220円、焼肉たれ焼き320円、
それと出汁巻き270円を食べました。
熱々の出来立てのくわ焼きはどれも美味しいですが、味噌が載ったピーマン肉詰めは初めて食べた味わいで印象的でした。
ただ…冷めたら味が全然変わってしまいますので、食べる分だけ少しずつ頼むのがベストです。

f0128223_2252493.jpg
f0128223_22542969.jpg
f0128223_22541086.jpg
f0128223_22534416.jpg


ここの名物として有名な出汁巻きは、薄めの味付けのオーソドックスなタイプ。

f0128223_22531914.jpg


下町情緒溢れる昭和の人情が通う、本当に雰囲気の良い店です。
仕事でしんどなった時とか、お店の温かさに癒されてとても元気を貰えそうです。
ここもまた来たいお店ですね。
[PR]

by godsword | 2016-12-17 22:47 | 九条・西九条・大正・大阪港

大正立ち飲み「木村屋酒店」

場所は大通りから少し路地に入ったところにありますが、案外わかり易いです。
環状線大正駅から歩いて7分程度です。

右が酒屋さん、左がカウンターの立ち飲み屋さんで木村屋酒店です。
きっと角打ちから始まったんでしょうね。
店内は新しくて、清潔でスッキリした印象で雰囲気もいいです。
酒屋さんをお父さんが、立ち飲み屋をお母さんと息子さんが営んでおられます。
お母さんもイケメンマスターもとても愛想良く、居心地もいいですよ〜。
冷凍ケースにはお刺身等もありましたが、今回はおでんにハマってしまい、他のメニューがあまり食べれませんでした。

e0083155_18493891.jpg
e0083155_18500017.jpg

まずはスピードメニューのクリームチーズクラッカー250円とどて焼き350円から。
どて焼きは肉が上質で、ホルモン系肉が一切なく全て柔らかくて噛み切れます。
味付けも甘みが強過ぎず、とても上品な味付け。
京橋まついとどて焼き大阪ツートップかも〜🌟

e0083155_18511364.jpg
e0083155_18515776.jpg

おでんは種類が多く、出汁もあっさり目でどれも適度に味が沁みてて美味しいです。オススメです‼️
今回は餅巾着、菊菜、ウインナー、チーズトマト(パン二枚付き)をオーダー。
欲を言えば…もっとチンチンに熱いと余計に美味しいと思いました。

e0083155_19020471.jpg
e0083155_19022143.jpg
e0083155_19023455.jpg
e0083155_19025125.jpg

生生姜チューハイ330円は生生姜だけあって生姜の辛さも感じられます。

次はお母さんが作った小鉢類が食べたいなぁ。
また来たいお店です。

営業時間 16:30〜21:00
住所 港区市岡1-4-12
電話 65712089
定休日 日祝

[PR]

by godsword | 2016-12-17 21:00 | 九条・西九条・大正・大阪港