人気ブログランキング |

カテゴリ:京都( 29 )

学食のオムライス

教員食堂はどうも苦手のバーブです。

早めまたは遅めの時間帯の学食で、賑やかで楽しそうな学生を眺めながら、のんびりランチするのが好きです。

当日提出締切の課題図面がありましてね。四人の学生が製図のために二時間早めの早出を申し出。
その熱意が嬉しくて、何も考えずに快諾〜👍🏻 ←早めに出講しても手当は出まてんが…💦アハッ

ということで、
午前中に大学に着き、久々に学食でランチ。
今日は生協食堂ではなく、富士屋(業者)の学食
前から気になってた、フワトロ卵を注文の都度焼いて調理してくれる「ふわふわオムライス」をオーダー。
卵は上手に作ってはります👍🏻
美味しくてペロリ🎵 

f0128223_11341628.jpeg




学生達には優しい、早い安い美味いの三拍子‼️
ナイース👏🏻
ほうれん草のおひたし、なんきんとひじきの煮物の小鉢二つと一緒に頂きました。
ほうれん草のおひたしはとても柔らかく、薄味ながらも美味しく味付けられています。
なんきんは逆に少し硬め。おひたし同様薄味ですがこなれた味付けで食べ易いです。

結局、四時間半立ちっ放し💦
でもおぢさん、何とか頑張れたよーヽ(*´∀`)

同志社大学田辺キャンパス 富士屋食堂
ふわふわオムライス400円 小鉢各50円の計500円


by godsword | 2019-06-16 06:31 | 京都

四条大宮ふたたび

先月は元同僚の後輩と四条大宮を飲み歩きました。

◯前回は満員で入れなかった「鉄板28号」
今回は事前に予約して一軒目スタート。
小粒のたこ焼きと牡蠣とブルーチーズのネギ焼きをオーダーしたのですが、個人的にはどちらもあまりインパクトがありませんでした。
アルコールはワインが充実しているようですが、汎用的な白ワインをグラスで二杯ほど飲みました。
次回は豊富な鉄板焼きメニューを中心に食べてみたいです。

中京区壬生坊城町4
075-841-3688
営業時間:月~土18:30~25時 日18:30~22時 第一第二第三日曜定休

c0388708_18364715.jpeg
c0388708_18372072.jpeg
c0388708_18373148.jpeg
c0388708_18374145.jpeg
c0388708_18375193.jpeg
c0388708_18380692.jpeg
c0388708_18390354.jpeg
c0388708_18392806.jpeg

◯続いて二軒目は「へそまがり」
前回食べ損ねた牛テール煮込みを最初にオーダー。
ボリュームたっぷり、良く煮込まれてホロホロの柔らかさ。
常連さんが皆オーダーされてるのも納得の美味しさです。
面白かったのは、おでんも牛テール煮込みと同じ出汁の味付け。
濃厚なお出汁ですが、甘みが一切なく、且つ重くなく案外あっさりした後味。
独創的なおでんで日本酒と高相性です。

中京区大宮通四条上ル錦大宮町146
営業時間 17時~ 不定休

c0388708_18403271.jpeg
c0388708_18405362.jpeg
c0388708_18410594.jpeg

三軒目は新宿会館の「てら」
焼き鳥はここの看板だけあって、つくねをはじめ、素材の良さと丁寧な焼き具合でとても美味しいです。
懐かしいソーセージハムは昔ながらのほっこり味。

中京区七軒町470-32 新宿会館一階
075-841-0006
営業時間 17~24時 日曜定休

c0388708_18413033.jpeg
c0388708_18414453.jpeg

◯最後の〆は同じ新宿会館にある「スナックおおの」
ハイボール片手にカラオケ三昧。
あとから入って来た初来店の30代ベッピンお一人様客が気になって、落ち着いて飲めませんでした(笑)

住所はてらと同じ
075-821-3314

c0388708_18420366.jpeg

次回は「きりはた」をはじめとして界隈で一人ゆっくり飲みたいです。

by godsword | 2019-05-16 06:33 | 京都

四条大宮寛遊園「へそまがり」

中京区大宮通四条上ル錦大宮町146寛遊園

17時〜 不定休


名物牛スジ&牛テールの煮込みを含めて、気さくで穏やかな店主のこしらえる料理はどれも逸品揃い🌟

久々に飲んだ日本酒 「英勲 」「立春朝搾り」が口当たりが良くフルーティな奥深さと相まって心に沁みました (๑ ˃̵ᴗ˂̵ )

久しぶりに美味しいお酒を飲んだという幸せを感じます。


寛遊園 はお客さんとすぐに仲良くなれる、粋な人情横丁で僕の大好きな界隈です♡

大トロ刺身は写真のイメージ通りの美味しさ。

お皿への盛り付け方ひとつを取っても粋な計らい。

豆腐味噌漬けは濃厚ながらひつこくなく機微に富んだバランスの味付け。

赤かぶの漬物は大人好みの酸っぱさがイイ。


c0388708_16521516.jpeg


c0388708_16551483.jpeg
c0388708_16525453.jpeg
c0388708_16523955.jpeg
c0388708_16531469.jpeg
c0388708_16532150.jpeg
c0388708_16532822.jpeg
c0388708_16533817.jpeg
c0388708_16534529.jpeg
c0388708_16535617.jpeg
c0388708_16540683.jpeg
c0388708_16541424.jpeg
c0388708_16542138.jpeg
c0388708_16542862.jpeg

by godsword | 2019-03-29 06:18 | 京都

四条大宮スナック「おおの」&立ち飲み「てら」

新宿会館ハシゴ酒その二

スナック「おおの」
075-821-3314中京区七軒町470-32
新宿会館1階

立ち飲み「てら」
075-841-0006
営業時間 17〜24時 日曜定休

へそまがりで仲良くなったおきゃくさんに勧められたスナック「おおの」。
カラオケ無料。

c0388708_16462853.jpeg

スタッフはこのお店にはおよそ不向きな知的な雰囲気のおねいさんお一人かと思っていたら21時半にママ登場。
それと同時にお客さんも増えてきました。

c0388708_16464565.jpeg
c0388708_16465851.jpeg
c0388708_16470516.jpeg

お店で仲良くなった大先輩の岡田さんがお向かいの「てら」から焼き鳥を差し入れして下さって感激。
てらの焼き鳥は肉の旨さを引き立てるシンプルな味付け。
熱々でホント美味しかったです👌🏻
連れへのお土産にと買って渡した志津屋のタマゴサンドを急遽引き上げて岡田さんにお返しにお渡ししました。
京都、いや四条大宮、人情が通うよなぁ💧💧

c0388708_12571590.jpeg
c0388708_16471479.jpeg

それから「おおの」を途中抜けさせていただいて「てら」に出撃。
お店大繁盛で大将疲れ過ぎてて、
「料理ちょっと待って、休ませて」と泣きが入りました(笑)

c0388708_16473436.jpeg

とりま、紅茶チューハイだけでゴキゲンサーン🎵
ちゅうか、この辺りからヨッパーに変身 ʅ(◞‿◟)ʃ💦
記憶が曖昧に…。
今度は「てら」でゆっくり飲みたいですな。

c0388708_16475010.jpeg

by godsword | 2019-03-27 06:15 | 京都

四条大宮おばんざいちょい飲み「俺ん家(おれんち)」

新宿会館ハシゴ酒その一

中京区七軒町470-32新宿会館二階
090-8164-2739
営業時間 17~24時 月曜定休

c0388708_16424084.jpeg
c0388708_16424704.jpeg
c0388708_16425769.jpeg

二階に昨年オープンした俺ん家。
弱冠25歳のマスターはプロゴルファーであり、不動産業を営む実業家。
更にこのお店のオーナーのトリプルワーク。
しかも、近日8歳年上の彼女さんと結婚をされるということでまさに絶好調の「昇り竜」。

c0388708_16430507.jpeg
c0388708_16483414.jpeg
c0388708_16432349.jpeg

チヂミ350円は鶴橋の名店にも負けないカリカリ仕上げで美味しい。

c0388708_16434720.jpeg
麻婆豆腐300円。
c0388708_16433253.jpeg

ハムカツ200円はフルーツの配合を調整した自家製ブレンドソースを準備するこだわりよう。
元々この業界のプロフェッショナル出身ではないですが、どのおばんざいも一生懸命なのが嬉しいですね。

c0388708_16440100.jpeg

客層も幅広く、てらとはまた違ったキャラで楽しいお店です。

by godsword | 2019-03-25 06:12 | 京都

四条アイリッシュパブ「FIELD」

c0388708_04260932.jpeg

by godsword | 2018-11-04 06:09 | 京都

京都フレンチ「O・MO・YA」東洞院店

c0388708_12275682.jpeg

by godsword | 2018-11-04 06:06 | 京都

京都大宮寛遊園「きりはた」

阪急大宮駅下車すぐの寛遊園という京都らしい風情の横丁路地奥に佇む小料理店。

c0388708_13185453.jpeg
c0388708_13181942.jpeg
c0388708_13183645.jpeg

小粋な一品は素材の良さを生かす調理で "どストライク♡"
珍しい、豚と玉ねぎのかき揚げ、
素材自体が美味しい野菜を、
大根を特製味噌に付けて食べる、トマトとジャコをサラダにしてあっさり目の自家製ドレッシングで食べる、といったシンプルな調理が好感が持てます。

沢山の種類のある一人鍋、今回は珍しいアサリを主体にした鍋をチョイス。
アサリのいい出汁が出てさっぱりして食べやすい優しい味付け。
〆にはこれも珍しいパスタを入れます。
腰がしっかりしてて歯応えも良くナイスアイデアですね。

c0388708_13192468.jpeg
c0388708_13193526.jpeg
c0388708_08595863.jpeg
c0388708_13194668.jpeg
c0388708_13201298.jpeg

気安い友としんみり飲むのにいいですな。

路地角にあるお店からの帰り際、お店を出て角を曲がると、裏口から大将が出て来られ "ありがとうございました"と丁寧にお礼され恐縮しました。
こーゆーのんにいたく感激する情けないお年頃。

"人情が心に沁み入る横丁"の誠実な商いのお店でしたとさ。

また来たいです。というかまた来るでしょうなぁ(笑)

by godsword | 2018-10-26 06:20 | 京都

烏丸七条酒肴屋「じじばば」

京都の三大ディープ会館、西院折鶴会館、四条四富会館、そして今回初見参の七条リド会館。
その中に店を構えるじじばば。
大将お一人で回しておられますが店内は常に満席状態。
担々麺や蕎麦が人気ですが、今回は一品料理を楽しみました。

京都市下京区七条通烏丸西入ル東境町180 リド飲食街内
075-2010-3912
営業 18〜2時 日祝定休

c0388708_18001128.jpeg
c0388708_18003480.jpeg
c0388708_18004621.jpeg

突き出しはぶるチーズポテサラとホタルイカ沖漬け。
ポテサラは最初はあっさり味も、後になって少し苦味のある濃厚なチーズ味か出てきます。上手に作ったはる。

c0388708_18005672.jpeg

アボガドの自家製ラー油かけ580円は、硬めのアボガドにアッサリ目のラー油と少量の醤油をかけた意外なマッチングがナイスです。
自家製ラー油使用麻婆豆腐720円は、
ほんのり甘い、味がよく染み込んだたっぷりミンチとラー油と山椒のシンプルな味。餡もないですがこれはこれで美味しいです。
一番人気のメニュー、牛スジのチリソース煮780円は牛スジを、チリソースというよりむしろデミグラスソースに近いソースで柔らかく煮たもの。
個人的にはバケットは柔らかいより硬めの方がマッチするように思いました。

c0388708_18010550.jpeg
c0388708_18011544.jpeg
c0388708_18012619.jpeg

アルコールは殆どが680円と高めの値付け。
下の写真は純ハイ、後ろにあるのは生ベーコン。

c0388708_18013658.jpeg

他のお店も活気があってどこも満席状態。

c0388708_18014776.jpeg
c0388708_18015740.jpeg

男性小便用便所。レトロで開放的やなぁ(笑)
この反対側に女子便所があります💦

c0388708_18020920.jpeg

京都飲みは奈良まで帰るので最終電車が間に合わないと京都に泊まるしかないので災難…。
近鉄京都駅22:50発特急だと東生駒23:30に着きました。
所要時間はたった40分でした。夜遅くならめちゃくちゃ早い!
七条から京都駅までジョギング💦
駅でせんとくんを見たらホッとしました〜🎵

西大寺駅に着くとまだ後に東花園行きが2本あったので、次回からは京都駅発23:00発奈良行き急行でも間に合うかも知れませんね。

c0388708_18022014.jpeg
c0388708_18023111.jpeg

by godsword | 2018-10-20 12:23 | 京都

河原町四富会館食事処「てしま」

京都市中京区富小路四条上ル 四富会館
090-2383-2864
営業 17〜24時 不定休

西院にある前から行きたかった割烹わた亀の隣にある立ち飲みわた亀。
4回目にしてまたしても閉まってた↘️
はぁ…。

そこで四条に移動して久しぶりに四富会館の「おけい」を訪れるも今日に限って20時開店との貼り紙。
おぉ.のぉぉぉぉ!

c0388708_19000045.jpeg
c0388708_19041379.jpeg
c0388708_18454754.jpeg

ということで、
四富会館の突き当り一番奥のお店「てしま」に飛び込みで入りました。
6〜7席のカウンターのお店。

c0388708_19033128.jpeg

割烹ひと筋の大将の作られたおばんざい盛合せはなかなかの逸品。
味が良く染みた枝豆は両端を切り落とし、塩水に一時間程度浸し、その後湯に塩を振って煮るのだそうです。
鮎は一旦焼いて形が崩れないようにゆっくり煮るそう。
味が染みてとても柔らかく骨ごと食べられました。
他に鱧寿司、茄子の煮浸し、ホタテときゅうりの酢の物。
酢の物は薄味ながらほのかに醤油の味がして渋いですな。

c0388708_19095270.jpeg

一見頑固そうな印象の大将でしたが、話し出すと気さくで会話が弾み、楽しく飲めました。
おばんざい盛合せと大瓶ビールで1300円でした。
また来ようっと🎵

わた亀、WEBは閉鎖されてるし、電話すると番号は現在使われていませんだって。残念…。

c0388708_06281010.jpeg

by godsword | 2018-10-20 12:20 | 京都