カテゴリ:京都( 23 )

京都フレンチ「O•MO•YA」


c0388708_12275682.jpeg
c0388708_12281130.jpeg

京都市中京区東洞院六角下ル御射山町283
11:30~14:30 17:30~21:00 
火曜定休

奈良に本店がある和とフレンチを融合させた料理が自慢のレストラン。
本店同様町家をベースにした中庭のある落ち着いたスペース。
店内のイメージは本店と同じすべてテーブル席で構成されていて。お年寄りには嬉しい配慮ですね。

c0388708_12282960.jpeg
c0388708_12284034.jpeg
c0388708_12285808.jpeg
c0388708_00231842.jpeg
c0388708_12293080.jpeg
c0388708_12295644.jpeg
c0388708_12300864.jpeg

今回オーダーしたのは6000円のコース。
前菜はかぼちゃとバターのペーストと炊き野菜。
ペーストは味のバランスがとてもいい。味が濃すぎず、でもしっかりかぼちゃの味がして。
野菜の固さの炊き具合が絶妙でした。味付けも和風の薄味で美味しいです。もっと沢山の量を食べたいな(笑)

c0388708_04165206.jpeg
c0388708_12303391.jpeg

さんまの揚げ物と柚子のマリネ。

c0388708_04171314.jpeg
c0388708_12304563.jpeg

ニンジンのポタージュは和とフレンチの融合の典型的メニュー。
ニンジンにレンチの味付けを取り入れて豊かな風味に昇華させています。温かさも熱すぎずいい塩梅です。

c0388708_12305502.jpeg

c0388708_12310892.jpeg
c0388708_12311936.jpeg
c0388708_12312966.jpeg

肉料理はイチボのもろみ味噌添え。
脂の乗ったイチボ肉にもろみ味噌が脂っこさを中和してくれてとてもよいハーモニーです。
アルコールは生ビールから赤ワインにチェンジ。テイスティング付。
c0388708_04174121.jpeg

イクラと鮭の出汁茶漬けはお出汁がいいのでとても美味しかったです。
c0388708_04180231.jpeg
c0388708_04231737.jpeg

デザートは洋梨と柿のバケットと豆アイス(写真なし)
お酒代を含めて一人7000円程度でした。

和テイストが随所に出てくるのでなじみやすく、お肉料理も付いて6000円はコスパ抜群。オススメです。

c0388708_12320852.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-11-07 19:10 | 京都

烏丸七条酒肴屋「じじばば」

京都の三大ディープ会館、西院折鶴会館、四条四富会館、そして今回初見参の七条リド会館。
その中に店を構えるじじばば。
大将お一人で回しておられますが店内は常に満席状態。
担々麺や蕎麦が人気ですが、今回は一品料理を楽しみました。

京都市下京区七条通烏丸西入ル東境町180 リド飲食街内
075-2010-3912
営業 18〜2時 日祝定休

c0388708_18001128.jpeg
c0388708_18003480.jpeg
c0388708_18004621.jpeg

突き出しはぶるチーズポテサラとホタルイカ沖漬け。
ポテサラは最初はあっさり味も、後になって少し苦味のある濃厚なチーズ味か出てきます。上手に作ったはる。

c0388708_18005672.jpeg

アボガドの自家製ラー油かけ580円は、硬めのアボガドにアッサリ目のラー油と少量の醤油をかけた意外なマッチングがナイスです。
自家製ラー油使用麻婆豆腐720円は、
ほんのり甘い、味がよく染み込んだたっぷりミンチとラー油と山椒のシンプルな味。餡もないですがこれはこれで美味しいです。
一番人気のメニュー、牛スジのチリソース煮780円は牛スジを、チリソースというよりむしろデミグラスソースに近いソースで柔らかく煮たもの。
個人的にはバケットは柔らかいより硬めの方がマッチするように思いました。

c0388708_18010550.jpeg
c0388708_18011544.jpeg
c0388708_18012619.jpeg

アルコールは殆どが680円と高めの値付け。
下の写真は純ハイ、後ろにあるのは生ベーコン。

c0388708_18013658.jpeg

他のお店も活気があってどこも満席状態。

c0388708_18014776.jpeg
c0388708_18015740.jpeg

男性小便用便所。レトロで開放的やなぁ(笑)
この反対側に女子便所があります💦

c0388708_18020920.jpeg

京都飲みは奈良まで帰るので最終電車が間に合わないと京都に泊まるしかないので災難…。
近鉄京都駅22:50発特急だと東生駒23:30に着きました。
所要時間はたった40分でした。夜遅くならめちゃくちゃ早い!
七条から京都駅までジョギング💦
駅でせんとくんを見たらホッとしました〜🎵

西大寺駅に着くとまだ後に東花園行きが2本あったので、次回からは京都駅発23:00発奈良行き急行でも間に合うかも知れませんね。

c0388708_18022014.jpeg
c0388708_18023111.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-10-20 12:23 | 京都

河原町四富会館食事処「てしま」

京都市中京区富小路四条上ル 四富会館
090-2383-2864
営業 17〜24時 不定休

西院にある前から行きたかった割烹わた亀の隣にある立ち飲みわた亀。
4回目にしてまたしても閉まってた↘️
はぁ…。

そこで四条に移動して久しぶりに四富会館の「おけい」を訪れるも今日に限って20時開店との貼り紙。
おぉ.のぉぉぉぉ!

c0388708_19000045.jpeg
c0388708_19041379.jpeg
c0388708_18454754.jpeg

ということで、
四富会館の突き当り一番奥のお店「てしま」に飛び込みで入りました。
6〜7席のカウンターのお店。

c0388708_19033128.jpeg

割烹ひと筋の大将の作られたおばんざい盛合せはなかなかの逸品。
味が良く染みた枝豆は両端を切り落とし、塩水に一時間程度浸し、その後湯に塩を振って煮るのだそうです。
鮎は一旦焼いて形が崩れないようにゆっくり煮るそう。
味が染みてとても柔らかく骨ごと食べられました。
他に鱧寿司、茄子の煮浸し、ホタテときゅうりの酢の物。
酢の物は薄味ながらほのかに醤油の味がして渋いですな。

c0388708_19095270.jpeg

一見頑固そうな印象の大将でしたが、話し出すと気さくで会話が弾み、楽しく飲めました。
おばんざい盛合せと大瓶ビールで1300円でした。
また来ようっと🎵

わた亀、WEBは閉鎖されてるし、電話すると番号は現在使われていませんだって。残念…。

c0388708_06281010.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-10-20 12:20 | 京都

烏丸七条立ち飲み「いなせや」

下京区東洞院通七条下ル東芋屋町220-8
075-371-8878
営業 15〜23:30 日曜定休

清潔感があって明るく広々とした空間は、ピーク時満員電車のような混雑状況になるそうです。

沢山のメニューでどれもリーズナブルな安心価格。
料理の味の方も尖りこそないですが総じて美味しいです。
お酒は赤ワインの爆弾ハイボール200円、一番搾り生中ビール280円とヴェリーリーズナブル!

c0388708_19291024.jpeg
c0388708_19292238.jpeg
c0388708_19293440.jpeg

レタス炒め250円は強火でさっと炒めて醤油と出汁のシンプルな味付け。予想通りの美味しさ。
c0388708_19294772.jpeg
c0388708_19295750.jpeg

薄目の味付けの美味しい梅肉ソースで食べるハモ落とし480円
c0388708_19300401.jpeg

鯖きずし350円
c0388708_19301237.jpeg

生麩揚げ出し250円
c0388708_19302095.jpeg

素朴なエビフライ二尾は180円て格安。
c0388708_19302827.jpeg

海老のかき揚げ280円。塩であっさりいただきます。
c0388708_19303975.jpeg

豚シャブのガーリックソース280円
c0388708_19305756.jpeg

久々に見た京都タワー。
近くで観るとライトアップされててモダンな印象ですね。

c0388708_19310783.jpeg
c0388708_19311874.jpeg

伊勢丹特設コンコースにはルパンのコスチュームコーナーがありました。
こんなシンプルなカラー構成なら古着で集められそうだ🎵

c0388708_19312867.jpeg
c0388708_19313622.jpeg


自分へのおみやげは北山マールブランシェの"茶の菓"。
濃厚でしっとり甘さ控え目。
これだけは、他の和菓子とは別格の美味しさです🌟

c0388708_19471369.jpeg
c0388708_19471954.jpeg
c0388708_19461597.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-10-20 12:18 | 京都

京都大宮寛遊園「きりはた」

阪急大宮駅下車すぐの寛遊園という京都らしい風情の横丁路地奥に佇む小料理店。

c0388708_13185453.jpeg
c0388708_13181942.jpeg
c0388708_13183645.jpeg

小粋な一品は素材の良さを生かす調理で "どストライク♡"
珍しい、豚と玉ねぎのかき揚げ、
素材自体が美味しい野菜を、
大根を特製味噌に付けて食べる、トマトとジャコをサラダにしてあっさり目の自家製ドレッシングで食べる、といったシンプルな調理が好感が持てます。

沢山の種類のある一人鍋、今回は珍しいアサリを主体にした鍋をチョイス。
アサリのいい出汁が出てさっぱりして食べやすい優しい味付け。
〆にはこれも珍しいパスタを入れます。
腰がしっかりしてて歯応えも良くナイスアイデアですね。

c0388708_13192468.jpeg
c0388708_13193526.jpeg
c0388708_08595863.jpeg
c0388708_13194668.jpeg
c0388708_13201298.jpeg

気安い友としんみり飲むのにいいですな。

路地角にあるお店からの帰り際、お店を出て角を曲がると、裏口から大将が出て来られ "ありがとうございました"と丁寧にお礼され恐縮しました。
こーゆーのんにいたく感激する情けないお年頃。

"人情が心に沁み入る横丁"の誠実な商いのお店でしたとさ。

また来たいです。というかまた来るでしょうなぁ(笑)


[PR]

by godsword | 2018-10-20 11:38 | 京都

烏丸御池フレンチ料理屋「ルナール・ブルー」

f0128223_07363461.jpeg
c0388708_13551146.jpeg
c0388708_13552281.jpeg

京都で一番おしゃれな街、御池。
綾小路通りの見つけ辛い場所にありますが、ゆっくり落ち着いて食事を楽しめるお店です。

京都市中京区姉小路通高倉東入木之下町296
加藤重ビル1F
営業 11:30〜14:30 18:00〜21:30 月曜と第一日曜が定休
075-231-0971

入口入って右側には仕切られた4人用テーブル席もあってプライベートが守られますよ。
当日は4500円のコースをオーダー。

c0388708_13562333.jpeg

前菜やスープ、メインディッシュに至るまで、オプションメニューが多彩に選べるのも嬉しい配慮です。

c0388708_13563372.jpeg
c0388708_13564420.jpeg

前菜は
桜鱒のミキュイ(表面だけ焼いた)
京都鴨肉を使ったテリーヌ
バケットはおかわり自由。

c0388708_13565286.jpeg
c0388708_13570138.jpeg
c0388708_13571164.jpeg

ギネスビールも置いてありました〜。
特にワインが充実しており、デキャンタやボトルでもオーダー出来ます。

c0388708_13571931.jpeg

スープは
グリンピースのポタージュ
6種の香味野菜のポタージュ

c0388708_13572723.jpeg
c0388708_13573506.jpeg

お肉料理は
国産牛頰肉の赤ワイン煮込み
仔牛ロースの軽いパン粉焼き

c0388708_13574494.jpeg
c0388708_13575267.jpeg
c0388708_13580084.jpeg

c0388708_13581881.jpeg

c0388708_13582638.jpeg

どの料理もソツなく美味しかったです。
フレンチらしく濃厚な味わいですが、味付けはいまのトレンドの控えめなせいでしょうか、インパクトが少し薄かったように思いました。

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:22 | 京都

京都西院 立ち飲み「才」

以前紹介した京都西院 折鶴会館の樫尾酒店のお向かいにある立ち飲み「才」

右京区西院高山寺町15 折鶴会館
075-316-0708
17〜24時
日曜定休

今回は牡蠣ときのこのオイル漬け400円、串焼き各一本110円とハイボールをいただきました。
オイル漬けは牡蠣に味が良く染み込んだ逸品。

おでんや焼き鳥がウリのお店ですが小鉢もなかなかのレベルです。
「男性から女性への声をかける行為を禁止します」の貼り紙がしてあって、なかなかの硬派なお店ですね。
女性客には落ち着いて飲めるお店ですが、おっさん的にはちょっちザンネン(笑)

でも、お店のスタッフは皆さん愛想よくして下さいます。お客さんもエエ顔して飲んだはります(๑・̑◡・̑๑)
よく似たお店は大阪にもありますが、スタッフもお客さんも含めた全体の雰囲気が和やかなところが京都特有の良さですね。

c0388708_10575812.jpeg
c0388708_10581479.jpeg
c0388708_10582644.jpeg
f0128223_07361162.jpeg
c0388708_21004948.jpeg
c0388708_21000424.jpeg
c0388708_21001282.jpeg
c0388708_21001949.jpeg

二軒目は阪急大宮駅から徒歩二分程度のbar「SUe」

中京区七軒町461
075-201-9113
17:30〜24時
不定休

20代の客層主体のシックなお店です。
イマドキのハンサムなメンズ、小洒落たベッピンさんのお客さんばかりでした。
今回はここんちの名物、カレールーをいただきました。
インパクトの緩いまずまずといった味付け、でしょうか^_^
c0388708_10584767.jpeg
c0388708_10590169.jpeg
c0388708_10591271.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:20 | 京都

京都新京極通り「京極スタンド」

大学時代は新京極通りで良く遊んだのに、存在すら気づかなかった京極スタンド。
お酒好きになった社会人になってからようやく気付いた次第です。
1927年創業の老舗。
レトロな雰囲気、温かい店員さん、粋なお客さん達が居心地の良さを物語っています。
全席相席ですが、学生さん若者から熟年、老年、観光客入り乱れて、互いを干渉せずにみんなそれぞれのスタイルでお酒をのむ楽しい雰囲気です。
お勘定は未だにソロバン(笑)
ただ…値段はちょっと高めなのが玉に瑕。

中京区新京極通り四条上る中之町546
075-221-4156
営業 12〜21時 火曜定休

f0128223_07353362.jpeg
c0388708_12481255.jpeg
c0388708_12482524.jpeg

食事だけでも良し、家庭的な真心を感じる美味しい料理を肴にお酒メインで楽しむのも良し。
気楽に入って気楽に飲む、昼飲みも出来て、京都飲みのお気に入り店。
写真はポテサラ、大エビフライ、ソースが絶品のビフカツ。他にボリュームたっぷりの野菜餡かけも好物です。

c0388708_12473279.jpeg
c0388708_12475026.jpeg
c0388708_21523043.jpeg
c0388708_21530461.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-05-23 22:19 | 京都

北山マールブランシュ「生茶の葉」

我が家のいただきもののお返しは、阿闍梨餅、ケーニヒスクローネ、そして北山マールブランシュの生茶の葉。

大学に行った帰りに、久々に阿闍梨餅と生茶の葉が食べたくなって伊勢丹京都に寄りました。

生茶の葉は久々に食べるとこんなに小さかったかなという印象。
正式な名称はお濃茶フォンダンショコラ"生茶の葉"
茶葉を石臼で丁寧に挽いてフォンダンショコラ生地に合わせてじっくり焼き上げます。
凝縮された濃厚さとねっとり食感が今までに味わったことのない衝撃的な印象ですよ。
冷蔵庫で冷やして食べます。

f0128223_23333777.jpeg
c0388708_10411431.jpeg
c0388708_10412206.jpeg

こちらは"茶の葉"。
同じく石臼で挽いた茶葉をラングドシャ生地に合わせて薄く焼き上げています。
真ん中にホワイトチョコが挟まれています。
こちらはは上品過ぎて、個人的には少し物足りなさを感じます。

c0388708_10412898.jpeg
c0388708_10413566.jpeg

お餅のような皮の焼きまんじゅう阿闍梨餅は、甘めのあんこで相変わらず美味しいです。

c0388708_10555783.jpeg
c0388708_10560473.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-04-01 19:37 | 京都

京都木屋町バー「石丸商店」

喧騒の木屋町から西側に入る細い路地が沢山ありまして、そのうちの一つを西に進むとこのお店があります。

中京区木屋町通四条上る13番地路地東入る
075-213-0966
営業時間 18〜6時

f0128223_23205331.jpeg
c0388708_10293507.jpeg
c0388708_10294337.jpeg
c0388708_10295552.jpeg


下戸のマスターがやっておられる放置プレイの居心地のいいお店。
夜も遅くなると客の8割方が外人で満員になるそうですが、照明を落としたなんとなく淫靡な国籍不明の雰囲気。
マスターは普段はカーテンで仕切られたカウンター左端の個人スペースで待機しておられるので、早めの時間は店内ほぼ無法地帯ですねー(笑)
アルコール類は瓶ビール以外は500円です。

c0388708_10300429.jpeg
c0388708_10301319.jpeg
c0388708_10303027.jpeg

オーダーした野菜サラダはフレンチドレッシングのシンプルな味付けですがボリュームがあってアテにはもってこい。

c0388708_10304084.jpeg

[PR]

by godsword | 2018-04-01 18:32 | 京都