人気ブログランキング |

カテゴリ:ミナミ( 139 )

難波角打ち「シバチョウ(柴長本店)」

f0128223_13155034.jpg
7月11日は角打ちの日らしい。
し、知らんかった...。

中央区難波3-2-32
06-6641-3617
営業時間 10~20時 日祝休み

なんばパークスで服を買った帰りに老舗の角打ち「シバチョウ」で一杯やりながらひと休み。
毎度ながらおっちゃんらが店前の自動販売機で缶ビー飲みながらたむろしてる。
最近では夜や休日になると若い女の子たちまで立って飲みだすのが当たり前の景色になってるし。
店の奥が酒屋さんになっています。


今回はらっきょ80円、ほていのやきとりたまご缶詰300円をアテに瓶ビール450円で平和飲み

c0388708_18094094.jpeg
c0388708_18095390.jpeg
c0388708_18100620.jpeg

黄身部分が大きいゆで卵をやきとり缶詰のつゆだく出汁に漬けながら食べるのがいいんですわ。

c0388708_18102184.jpeg
c0388708_18103656.jpeg

かつては薄暗くて不穏な雰囲気が漂ってた国際通り。
新世界や西成と同じ匂いがしてました。
火事になった千日デパートはプランタン難波(今はビックカメラ)になり、
最後の砦やった国際地下劇場がパチンコになり、
雰囲気が一新、今はで随分明るく綺麗になりました。

辛うじて昔の面影を残すシバチョウと焼肉の南一圓とドライカレーの自由権が残るだけ。
淋しいねえ...。


c0388708_18104721.jpeg
c0388708_18111416.jpeg


by godsword | 2019-07-14 06:15 | ミナミ

なんばウォーク 大ざわ地下西店

大阪市中央区難波2 なんばウォーク1-4
06-6213-0895
営業時間 10〜22時 休みはなんばウォーク休日に準ずる

店内はコの字カウンターと両端にテーブル席でかなり広め。

c0388708_11304007.jpeg
f0128223_10580849.jpeg

庶民派のなんばウォーク価格に比べたら少し高めですが、料理はどれも作ってくださった方の温かみを感じます。

"串に刺してない"どて焼400円は柔らかくて味噌も効いて、老舗の面目躍如のエエ感じです。
豚肉と茄子のにんにく炒め480円はたまねぎやもやしも入っててアツアツ、大瓶540円と相性良ーし👍🏻

ゆっくり落ち着いて飲めますよ。
客層は断然おっちゃんおばちゃん、いやお爺さんお婆さんかな(*´꒳`*)
価格高めでも、いつもお客さんが一杯なのにはそれなりの理由がありますな。

4時からはお勘定してくれる、若くて可愛いおねいさんも出勤← ハイ、ここも大事〜(笑)
戎橋そばにも地上店がありますが、個人的にはこっちの地下店の方が好きです。

〆て1420円でした。


by godsword | 2019-06-28 06:50 | ミナミ

なんばウォーク「おか長」&「七津屋」

ある日のお昼ご飯。
なんばウォークで二軒はしごして2320円。

おか長と七津屋は同じ経営会社傘下のお店。
僕が普段飲みで一番ヘビーユースする二店。

好きなジャンクフードで大瓶ビール、メガハイボール飲みお昼ご飯。

1軒目おか長では、メガハイ540円、アジフライ、コーンバター、ポテサラで1060円コース。
シャキシャキコーンバターは七味と醤油を加え、
アジフライは別で頼む辛子と醤油で食べるのがマイスタイル。

c0388708_10173380.jpeg
c0388708_10180502.jpeg
c0388708_10174237.jpeg
c0388708_10175257.jpeg

七津屋では大瓶ビール390円、茄子の揚げ浸し、串カツ(豚 レンコン ハムカツ うずら)と馬刺しで1260円

c0388708_10215735.jpeg
c0388708_10220836.jpeg
c0388708_10221694.jpeg
c0388708_10222651.jpeg

ささやかながら、平和で幸せなひととき🍀

サラリーマン時代は毎日必死のパッチで苦労の連続でしたが、今になってこうして好きな肴を楽しみながらのんびり飲めて、ホントしみぢみ幸せを噛み締めています(*´∀`*)

人生山あり谷あり。
今はありがた過ぎる毎日です。
神様ご先祖さまにひたすら感謝🍀

by godsword | 2019-06-09 06:00 | ミナミ

種よし〜superjap 〜きんぎょ草めーちゃんナイト

久々に訪れた天王寺の種よし。
当日は女将さんより初物のマナガツオの藁焼きがあるよと勧められて注文。
大将にお聞きすると、定番の酢醤油ではなく岩塩でシンプルに食べる方がカツオ本来の素材の旨さを楽しめるとのこと。
なるほど、雑味が邪魔せずカツオ本来の美味しさを堪能出来ました🌟
好物の蓮根はさみ揚げと共に頂きました。
古いお付き合いですが、何度も行けてないのにいつも歓迎していただけるのが嬉しい次第です🍀

c0388708_10335490.jpeg

二軒目は日本橋に移動してオカマのママが営むsuperjapへ。
老若男女、実に雑多な人種のるつぼと化していますが、ママとチーママのきめ細やかな応対でいつも満員。とても活気があります。
今回は店内満席で表の席からスタート。
名物の塩だれレバー焼きで金宮チューハイからスタート。


連れのくぅちゃん、チーママの三つ編みおさげ髪をサワサワしてゴキゲンサーン(笑)


三軒目の〆飲みはきんぎょ草。
木曜土曜は女将のあみちゃんではなく、めーちゃんナイト。
お客さんと難波球場や近鉄バファローズの話題で大盛り上がり🎵🎵
お客を脱力させて自然体にする「めーちゃんマジック」🐤
色々お店を回ると数多くの女性店員に巡り合いますが、彼女の絶妙な気配りと適度な距離感はナイスです👍🏻



by godsword | 2019-06-05 06:35 | ミナミ

GREEオフ会ー 堀江blue&super jap

c0388708_17204438.jpeg
c0388708_17205351.jpeg

今回は5人で堀江blueの3980円の飲み放題付きコースを予約。
もともと6人用個室を予約していたのですが、お店が気を利かして頂き当日予約の入っていなかった最奥の広い個室でゆっくりご馳走に舌鼓することが出来ました🌟

c0388708_17211263.jpeg
c0388708_17211965.jpeg
c0388708_17213318.jpeg
c0388708_17214160.jpeg
c0388708_17215276.jpeg
c0388708_17220896.jpeg
c0388708_17222075.jpeg
c0388708_17223966.jpeg
c0388708_17225235.jpeg


super japでは一転アッポモード全開ヽ(・∀・)
女性陣はママの髭をサワサワして大喜び(笑)
僕は調子コイてそのうちの一人Sちゃんに「髪を上げてうなじを見せて〜💓」のおねだりを二回もしてしまいましたわーん💦 ←はぁぁ、アホじゃねえ…。
気軽に応えてくれたSちゃん、好きになりそう(笑)

c0388708_17232322.jpeg
c0388708_17233012.jpeg

GREEはいつも気のおけない仲間に恵まれて、至福のひとときになっています。
ホントに楽しかったです〜🌈

by godsword | 2019-05-04 06:06 | ミナミ

日本橋立ち呑み処「小町」

中央区千日前2-2-5
06-6616-9779
営業時間 15~24時 水曜日定休

c0388708_09060105.jpeg

c0388708_09061744.jpeg

美味しそうなお惣菜が並んでいますが、ゆで卵を美味しく食べるためにこれだけの種類の塩から選べるってゴイゴイスー‼
c0388708_09064667.jpeg
c0388708_09070231.jpeg
鶏皮揚げとハイボール。

c0388708_09072186.jpeg
ぽっちゃり巨乳熟女ママに毎回鼻血出そうになってるv(ーiiー;)vバーブ三等兵でしたとさ。

c0388708_09251049.jpeg

by godsword | 2019-04-17 06:12 | ミナミ

日本橋立ち飲み「スーパージャップ」

中央区日本橋2-8-24あけぼのビル
06-6556-6450
営業時間 17~23時 日曜定休

3/3と5/5の間で4/4はオカマの日らしい(笑)
美味しいホルモン鉄板焼きと濃ゆ〜いオカマさんスタッフが鮮烈💣
細やかな心配り爆笑トークがさすがのhappyなお店🌈

プロの縄師が縛ったキューピーさんがしれ~っと飾られてたりする。

c0388708_08541707.jpeg

ウコン入り"オカマノウンコ"タブレット680円はグッジョブ(*≧∀≦*)
しかも色も茶色やしぃ。

c0388708_08543147.jpeg
c0388708_08545800.jpeg
c0388708_08551159.jpeg

ここんちのキラーメニューの脂ギモのネギ焼き480円。肝が柔らかくて美味しいです。

c0388708_08574422.jpeg


どてチーズ焼き450円

c0388708_08575766.jpeg
c0388708_08581148.jpeg

調子コイて飲んでたらドエライ目に遭うバイスサワー480円

c0388708_08584917.jpeg
c0388708_08553687.jpeg

気配り上手なママ。

c0388708_08563608.jpeg

忘れ物をしたら自転車で追いかけて来てくれたチーママ。
坊主頭におさげ髪がお洒落とゆーか、キョーレツやね。

c0388708_08571599.jpeg

最初は立ち飲み「毘」の常連さんで某大手プロダクションの偉いサンSさんが連れて来て下さいました。

c0388708_08565564.jpeg

by godsword | 2019-04-17 06:11 | ミナミ

法善寺横丁「正弁丹吾亭」

中央区道頓堀1-7-12
06-6211-3208
営業時間 16:30〜22時 日曜定休

両親が交際していた頃に良く利用したと聞いてた正弁丹吾亭。
そんなことを聞いてたので、僕も若い頃から何かの記念日や大切な友達との一席に使って来ました。

店主の高齢化で一時は閉店も考えた正弁丹吾亭。
そんな折り、がんこ寿司が屋号や従業員をそのまま引き継いでお店を存続することになり、現在の繁栄に至っています。

c0388708_21315478.jpeg
c0388708_21282569.jpeg
c0388708_21283661.jpeg

今回は8000円のコースをいただきました。
月曜でしたが二階の個室はすべて満席の賑わい振り。

料理はバラエティに富み、どれも一級の仕事がされていました。
お招きした亡き母の親友マダムも喜んで下さいました。

八寸からスタート。

c0388708_21313831.jpeg

わかさぎのあられ巻き揚げ、鯛の子、握り寿司

c0388708_21321279.jpeg

薄エンドウと海老の冷静スープ

c0388708_21322047.jpeg

タラの芽とヨモギ豆腐

c0388708_21322977.jpeg

碗物
初物の若ワカメはシャキシャキの歯ざわり。
大ぶりのハマグリやほろ苦い菜の花の素材の良さを生かす薄味出汁。

c0388708_21324892.jpeg

お造り
海老とウニのお刺身はどちらもとても甘かったです。
手前の白い魚は炙り穴子の梅肉乗せ。初めて食べましたが上品な薄味ながら炙りで旨味が増しています。
鯛とハマチはコリコリの食感で鮮度の良さを実感。

c0388708_21325929.jpeg

ここのお店の名物、味噌おでん。
厚肉の鴨は脂が乗って弾力がありました。
粘りのある揚げ生麩、ニラ、小芋、大根も炊き具合、薄めの味付けが絶妙。八丁味噌ベースの濃厚味噌とよく馴染みます。

c0388708_21331727.jpeg

天ぷらはお多福豆、ふかふかの鯛、鯛の白子。

c0388708_21332875.jpeg

茶碗蒸しの真ん中には胡麻豆腐と梅肉。

c0388708_21334097.jpeg

ご飯は鯛めしと山芋入り赤だし。

c0388708_21335481.jpeg
c0388708_21340139.jpeg
c0388708_21340950.jpeg

デザートはいちごのムース。
スムーズで甘さ控え目な上品な口当たりで大人味。

c0388708_21341872.jpeg

母の親友から毎年年末に送っていただく岸田屋の黒豆、バレンタインのゴディバのお返しも兼ねた一席でしたが、お土産をいただき、何をしていることやら恐縮することしきり。

c0388708_21342613.jpeg

法善寺の北側消失でこのお店も再建を果たしました。
今回予約した個室のある二階のしつらえは華美にならず、抑制の効いた和モダン調。
飾り皿は九谷焼だそうです。
少ない色使いで控えめな生花が、いかにもこのお店らしい。

c0388708_21290542.jpeg
c0388708_21291790.jpeg
c0388708_21292874.jpeg
c0388708_21301295.jpeg
c0388708_21302855.jpeg
c0388708_21293721.jpeg
c0388708_21304622.jpeg
c0388708_21305509.jpeg
c0388708_21310237.jpeg
c0388708_21311180.jpeg

多くの種類の料理の一つ一つをゆっくり味わって堪能、お腹いっぱいになりました。
尽きない会話の穏やかな団欒で楽しいひとときを過ごす幸せに感謝です🍀

by godsword | 2019-04-13 06:07 | ミナミ

東心斎橋「ペリーのいくら丼」

中央区東心斎橋2-2-7タワーエスティトビル1F

06-6211-1123

営業時間 12時〜21:30 不定休

但し売り切れ次第閉店


不定休と謳いながら、少し前までいっつも休み。

とゆーか、昔からしゅっちゅう休んではった(笑)

大阪でいくら丼を初めて売り出した老舗。


電話も通じず、とうとう潰れたんかなと心配になって店を訪れたらまだやってるみたいで💦

イクラが入荷出来ずに営業出来ないとの張り紙。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180514-00000071-nnn-bus_all


電話通じずやったのが、10月20日の日曜日に電話がやっと通じたら、テレビ取材を受けたらしく入るのに二時間待ちやて💦

どないなっとるんぢゃ…。


c0388708_22515789.jpeg
c0388708_22520729.jpeg

以降は連日営業しているようですが、11月25日金曜の2時過ぎでもこの行列。

四時過ぎに再訪したら売り切れのため閉店…。

はぁぁ…。


c0388708_10165754.jpeg

結局、昨年の10月から5回通っていずれも入れず🔨

なんだかなぁ。


先月20日、船場センタービルからの帰り道、

堺筋を歩いて南下してたら立て看板が出てて、しれ〜っと入店出来ました🎵

入ったのは16時半、聞けばラスト三人前とのこと。

ラッキー🌈

うにホタテのトッピングは当然売り切れ。


オーダーしたのは「いくらW」。

固いプチプチしたいくらと、脂の乗った柔らかいいくらの二種類が乗って1280円でした。

乗ってるいくらの分量は以前に比べるとかなり減っていました↘️


でも、

やっぱりぃ、

旨いわ〜ー💓


c0388708_17174659.jpeg
c0388708_17180106.jpeg
c0388708_17181217.jpeg


c0388708_17201469.jpeg
c0388708_17202796.jpeg
c0388708_17203790.jpeg

by godsword | 2019-04-11 06:05 | ミナミ

千日前お好み焼き「はつせ」

中央区千日前難波11-25 はつせビル2階
06-6632-2267
営業時間 平日11:30〜24時 土日祝日11〜24時 年中無休

c0388708_19502602.jpeg
c0388708_19504005.jpeg
c0388708_19505407.jpeg

GREEオフ会で久々に訪れた老舗お好み焼き「はつせ」
大部屋座敷席で飲み放題付きの2500円のコースをいただきました。
メインは豚かイカのお好み焼きか焼きそば。
他に付き出し、ゲソとスルメの天ぷら、鉄板の上で焼くヘルシー豚うま辛鉄板鍋、柚子シャーベット(写真なし)。
めっちゃコスパ高いですやんかいさー👏🏻
また、どの料理もビールに合う合う〜🐤
たくさん生ビール飲んでしまいました…🔨🔨🔨

c0388708_23501166.jpeg
c0388708_23502615.jpeg
c0388708_23504082.jpeg
c0388708_23505005.jpeg
c0388708_00035725.jpeg

ここのお店、お好み焼きは自分で焼くスタイル。
伝統の秘伝の生地が他店と違い、誰が焼いてもカラッと焼けて、しかもお好み焼きとしてとても美味しいです。
老舗はつせのお好み焼きが僕のお好み焼きのベンチマーク。

しかも花街の名残の全室個室なので家族や気安い仲間としっとり、ゆっくりお好み焼きを満喫できます。

僕の豚玉の豚の焼き方は、
先に豚だけ焼いて、それを細かく切り分けてお好み焼きの素に混ぜ込んで焼く方法。
意外に他にも二人、同じ方法で作る人がいて嬉しかったです。

うま辛鉄板鍋は、山に積んだもやし、キャベツ、ニラの上にしゃぶしゃぶ用の薄い豚肉を載せるスタイル。
甘辛タレがキモになりますが、家でもなんとか似た喩なものが出来そう🎵
今度トライしてみまーす。

by godsword | 2019-02-22 09:29 | ミナミ